中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > ヘルプセンター > テスト仕入れで見極める!効果的な中国仕入れのためのサンプル戦略とは?

テスト仕入れで見極める!効果的な中国仕入れのためのサンプル戦略とは?

中国から大量仕入れをする前には、サンプルを取り寄せて確認することをお勧めします。

特にOEMを考えるなら必ず必要なステップです。

 

 

本記事では、中国輸入商品の効果的なテスト仕入れ方法から始め、その後の販売プロセスに至るまで、必要なステップを詳しく解説します。

具体的な費用計算、効率的な販売プラットフォームの選択方法、そして市場での競争力を高めるための販売促進とマーケティングのテクニックに焦点を当てます。

 

 

初心者でも理解しやすいように、実践的なアドバイスを交えながら、中国輸入ビジネスの基礎から応用までを幅広くカバーしていきます。

 

テスト仕入れ

 

 

 

 

1.大量仕入れの前は必ずテスト仕入れすべき! 

1.テスト仕入れ(サンプル取り寄せ)とは   

テスト仕入れ、またはサンプル取り寄せは、大量の商品を仕入れる前に少量の商品を注文することを指します。

 

特に輸入ビジネスで行われており、商品の品質、機能、パッケージを実際に確認できます。

またサプライヤーの信頼性や納期の正確性なども評価する良い機会になるのです。

 

2.テスト仕入れすべき理由   

テスト仕入れはとても重要なプロセスです。

 

 

まず、大量仕入れを行う前に製品の品質を確認することで、不良品や不適合商品によるリスクを軽減できます。

また、実際の市場で製品が受け入れられるかを小規模でテストし、大量仕入れの前に市場に適しているかをチェックすることができます。

これにより、どのような販売戦略が有効かを把握し、大量仕入れ後の販売計画を練ることができます。

 

 

さらに、初期のテスト仕入れを通じてサプライヤーとの信頼関係を築き、長期的なビジネス関係の基盤を作ることも大切です。

このステップを踏むことによって、大量仕入れによる経済的なリスクを事前に回避し、資金を有効的に管理することができるでしょう。

 

 

特に新しい製品や新しい市場に参入する際には、テスト仕入れが大きな役割を担います。

それは、ビジネスの成功率を高め、失敗による損失を最小限に抑えるということです。

 

 

 

2.テスト仕入れの方法 

1.サプライヤーから直接仕入れ

サプライヤーから直接仕入れる方法は、主に製造業者や卸売業者から商品を直接購入することを指します。

 

 

特に大量仕入れを検討している場合や、特定の製品を長期的に取り扱う場合に適しています。

サプライヤーと直接コミュニケーションを取ることで、製品のカスタマイズや品質基準の設定、納期の調整などが容易になります。

 

 

しかし、中国語ができなければスムーズなやり取りは難しいでしょう。

中国のビジネス交渉のやり方や長期休暇についても熟知してなくてはなりません。

 

 

また最小注文数量(MOQ)が設定されている場合が多く、注文量が少ない場合は交渉が必要になることもあります。

 

2.展示会や見本市を通じた仕入れ   

展示会や見本市を通じた仕入れは、サプライヤーと直接対面し、商品を実際に見て感じることができます。

 

 

これにより、製品の質感、サイズ、色などを直接確認でき、また、サプライヤーとの関係構築や新しいビジネスチャンスを探る機会にもなります。

また、展示会では通常、多くのサプライヤーが一堂に会するため、複数のオプションを比較検討することができます。

 

 

しかし、やはり中国語がビジネスレベルである必要があります。

さらに展示会に参加するには時間と費用がかかるため、事前にリサーチを行い、目的に合った展示会を選ばなければなりません。

 

 

展示会に出展していない優良なサプライヤーとは出会うチャンスがなかなかありません。

 

 

3.輸入代行業者を利用した仕入れが確実でおすすめ  

輸入代行業者は、商品の仕入れから輸送、サプライヤーとの交渉、さらには通関手続きまでを代行します。

これにより、輸入プロセスにおける複雑さやリスクを大幅に削減できます。

 

 

また、中国語が話せなくても問題ありません。

輸入代行業者には日本語が話せるスタッフが在籍しており、事業者様が日本語で伝えた内容をサプライヤーに中国語で伝えることができます。

 

 

中国のビジネススキルも必要ありません。

輸入代行業者を仲介すれば、言語の壁や異なるビジネス文化への対応など、国際取引に伴うさまざまな課題を解決できます。

さらに、経験豊富な輸入代行業者は、適切なサプライヤーの選定にも役立ちます。

 

 

例えば輸入代行業者「中国仕入れのさくら代行」では、数千者にものぼる提携工場から事業者様に適切なサプライヤーを選んで紹介することもできます。

これらの提携工場には展示会に参加していない優良な工場も含まれるため、自身に合うサプライヤーを効率的に探せます。

 

 

そのほか、輸入代行業者を通して価格交渉をしたり、品質管理などでの専門的なアドバイスを受けることによって、ビジネスの成功率を高められるでしょう。

 

 

 

3.テスト仕入れの種類とその方法  

1.品質確認用テスト仕入れ     

品質確認用テスト仕入れでは、通常2〜3個のサンプルを注文します。

 

このうち1個は輸入代行業者の担当者に預け、残りの1〜2個を日本に発送するといいでしょう。

この方法のメリットは、サプライヤー、代行業者、そして事業者様がそれぞれ同じ製品を見ながらコミュニケーションを取ることができることです。

 

 

そうすることで、勘違いやミスの発生確率を減らし、全体の効率を向上させることができます。

さらに事業者様が直接製品を手に取って商品をチェックすることで、品質の問題や改善点を具体的に確認し、サプライヤーとの交渉に役立てることができます。

 

2.販売用テスト仕入れ     

販売用テスト仕入れでは、10個以上の商品を仕入れることが一般的です。

 

 

これは、商品の実際の市場での受け入れられ方を確認するためです。

数量が少なすぎると、商品が市場で実際にどの程度売れるかを適切に判断することが難しくなります。

 

 

10個以上のサンプルを使用してテスト販売を行うことで、商品がどれくらいの価格で、どのくらいの期間で売れるかを把握できます。

これにより、事業者様はより確信を持って大量仕入れの計画を立てることができ、市場ニーズに合わせた適切な在庫管理を行えます。

 

 

 

4.テスト仕入れの場合に応じた解決策 

 

テスト仕入れ

 

1.商品のサイズや色が多い場合 

色やサイズにバリエーションがある商品、特にアパレル商品やファッショングッズのテスト仕入れにおいては、戦略的な対策が必要です。

 

 

例えば、サイズや色ごとに3個ずつ仕入れると、すべてのパターンをカバーするためには数十個程度の大量のテスト仕入れが必要になることもあります。

 

 

しかし、必ずしも全てのバリエーションをテスト仕入れする必要はありません

 

 

販売リサーチを行い、市場での需要が高いと予測されるサイズや色を選定することが重要です。

 

 

アパレル商品の場合、一般的に需要が高いとされるMサイズやLサイズに絞ってテスト仕入れを行うと良いでしょう。

これにより、必要なサイズのみを対象にして、コストを削減し、効率的なテスト仕入れを実施できます。

 

 

このように、市場の需要に基づいて選ばれたバリエーションでテスト仕入れを行うことで、品質チェックや売行きの確認を効果的に行うことができます。

 

 

結果として、より戦略的かつリスクの少ない方法で商品の仕入れができるのです。

これは、特に新しい市場や商品ラインに投資する際に考慮すべきことといえるでしょう。

 

2.送料を削減したい場合  

テスト仕入れとはいえ、中国から日本へ荷物を発送するとなれば国際送料が必要です。

 

 

この送料を削減したい場合は、輸入代行業者に相談しましょう。

輸入代行業者は通常、大量の商品を取り扱うため、運送業者との交渉力があり、通常より安い運賃での配送ができる可能性が高いです。

 

 

さらに、複数のサプライヤーに注文した場合は代行業者がそれらの商品を集め、まとめて送ることでも送料を削減できます。

また、依頼すれば過剰包装を取り除き重量を軽くする処理や、圧縮処理ができます。

 

 

重量や容積を減らすことで、送料を安く抑えることができます。

 

3.日本に送らずに確認したい場合  

テスト仕入れで最も推奨されることは、商品を日本へ送り事業者様が直接確認することです。

しかし、なんらかの事情でそれができない場合は、やはり輸入代行業者に相談しましょう。

 

 

代行業者は中国国内でサプライヤーから商品を受け取り、写真を撮ったり品質などの詳細をチェックしたりして報告レポートを書きます。

そのレポートを日本にいる事業者様に送ることで、商品を確認することができます。

 

 

さらに、どんな写真が欲しいかや、何を重点にチェックするかを伝えれば、希望に応じて対応するでしょう。

普段から日本市場向けの厳しい検品基準のある輸入代行業者であれば、テスト仕入れ商品のチェックも厳しく行うため、信頼性が高いこともメリットです。

 

 

 

5.テスト仕入れ費用と所要日数

輸入代行業者によって多少の違いはあります。

 

 

中国仕入れのさくら代行の場合を例に、具体的に説明します。

 

 

例えば商品代金として100元の商品を注文します。

 

 

買付手数料に関しては、エコノミー会員およびビジネス会員の場合、手数料は0円となります。

 

 

国際送料については、EMSを利用するとします。

全体の所要日数としては、6〜8営業日前後が見込まれます。

この内訳として、中国国内での商品取り寄せには3〜4営業日が必要であり、さらに国際輸送にも3〜4営業日がかかります。

 

 

特に買付手数料が無料である点は、コスト削減の観点から非常に魅力的といえます。

また、所要日数を把握しておくことで、商品の到着予定を正確に見積もることができ、ビジネスの計画をより効率的に進めることができるのです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

簡潔にまとめると以下の通りです。

【さくら代行で注文する際の費用と所要日時について】

商品代金例:100元

買付手数料:0円(エコノミー会員&ビジネス会員)

国際送料:EMS(重さによって料金が変わる、詳細はこちら

所要日時:6〜8営業日前後

中国国内取り寄せ3〜4営業日

国際輸送3〜4営業日

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

6.中国輸入商品の販売戦略とアドバイス 

 

テスト仕入れ

 

1.日本市場での販売プラットフォーム

中国から輸入した商品を日本市場で販売する際には、事業者様に合った販売プラットフォームを選ぶことが大切です。

 

 

日本市場では、さまざまなオンラインプラットフォームが利用されており、それぞれに特色とターゲット層があります。

 

 

例えば、Amazonや楽天市場は広範囲の顧客にアクセスできる一方、ヤフオクやメルカリのようなC2Cプラットフォームはより個人間取引に適しています。

 

 

さらに、商品の種類やターゲット顧客に応じて、専門的なプラットフォームや自社のECサイトを構築することも有効です。

重要なのは、販売する商品に最も適したチャンネルを決め、そこに集中することです。

 

2.販売促進とマーケティングのヒント  

中国輸入商品の販売促進とマーケティングにおいては、まず、商品の差別化が重要です。

競合他社との比較で商品のユニークさや優位性を明確に伝えなければなりません。

 

 

次に、ターゲット顧客のニーズと期待を理解し、そのニーズに合ったマーケティング戦略を展開することが重要です。

これには、SNSマーケティング、インフルエンサーの活用、SEO対策、メールマーケティングなどが挙げられます。

 

 

また、プロモーションやセールスキャンペーンを通じて、新規顧客の獲得と既存顧客のリピート購入を促すことも効果的でしょう。

さらに、顧客サービスの質を高めることで、口コミやリピート率の向上にもつながります。

 

 

市場の動向を常に把握し、柔軟に戦略を調整することで、効果的な販売促進とマーケティングを行うことができます。

 

 

 

7.まとめ 

いかがでしたか?

 

中国輸入におけるテスト仕入れの重要性、販売戦略の構築、そして日本市場での効果的なマーケティングのヒントを掘り下げてきました。

 

 

中国からの輸入は、多くの機会をもたらす一方で、戦略的なアプローチと細心の注意が必要です。

テスト仕入れによるリスクの軽減、適切な販売プラットフォームの選択、そしてターゲット顧客に合わせたマーケティング戦略の実施は、成功への鍵となります。

 

 

この記事が、中国輸入ビジネスを始める際の参考となり、事業者様のビジネスが成功に向かう一助となれば幸いです。

常に市場の動向を注視し、戦略的かつ柔軟なアプローチで事業を進めていけば、中国輸入の機会を最大限に活かすことができるでしょう。

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。

必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

 

 

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。

中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる