中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > ヘルプセンター > 効率的な中国仕入れを実現させる!国際物流と輸送費用の最適化テクニックとは?

効率的な中国仕入れを実現させる!国際物流と輸送費用の最適化テクニックとは?

国際ビジネスの中心地である中国と日本の間での輸送は、多くの事業者様にとって重要なポイントです。

 

この記事では、中国から日本への商品輸送を計画し、実行する上で必要な最適化テクニックをご紹介します

効率的に、かつコストを抑えた輸送を行うための参考となれば幸いです。

 

国際輸送の最適化

 

 

 

 

1.中国から日本への国際輸送

1.国際輸送の流れ   

中国から日本への国際輸送においては、特定の手順と規制が関わってきます。

 

 

まず、荷物の準備することが最初のステップです。

この段階では、荷物を適切に梱包し、必要な書類をそろえなければなりません。

 

 

次に、郵便サービスや国際宅配便、専門の貨物輸送業者など、さまざまな配送方法の中からどれを利用するかを検討します。

これらのサービスは、コスト、配送時間、追跡オプションなどがそれぞれ違います。

比較して一番良い方法を選択しましょう。

 

 

荷物が発送されて日本に到着すると、税関での検査が行われます。

この段階で関税や消費税が課される可能性があり、通常は受取人が支払うことになります。

 

 

荷物は、配送業者の追跡システムを通じて追跡することができます。

すべての手続きが完了すれば、荷物は日本の受取住所に届けられます。

 

 

2.中国から日本への輸出入規制とは

 

中国から日本への輸出入が規制されているものがあります。

 

 

例えば、危険物質、違法薬物、武器、保護動植物などです。

 

 

また高価値の技術製品や化学物質などは、輸出入するのに特別な許可や資格が必要になることもあります。

偽造品や著作権を侵害する商品の輸入は禁止されています。

農産物や動植物製品の輸入には、検疫規制を遵守しなければなりません。

 

 

このため、中国から日本への輸送を計画する際には、これらの規制や手続きについて事前に調査し、準備を行うことが大切です。

また、経験豊富な輸入代行業者や配送業者のアドバイスを参考にすると良いでしょう。

 

 

 

2.輸送方法とその特徴 

1.早く輸送したいなら航空便   

航空便は輸送方法の中で最も速いです。

 

 

通常、航空便は数日以内に日本に到着します。

時間を重視するなら航空便が最善の方法です。

 

 

しかし輸送スピードが速い分、他の輸送方法と比較して料金が高い傾向にあります。

また、航空便は重量やサイズに制限があるため、大きな荷物や重い荷物には適していないことがあります。

 

 

2.安く輸送したいなら船便    

一方、船便はコスト効率が高い輸送方法です。

船便は航空便と比較してかなり低い料金で利用できます。

 

 

これは特に、大量の貨物や重い荷物を輸送するのに適しています。

しかし、輸送時間は長くなります。

 

 

船便は航空便に比べて輸送に時間がかかり、通常は数週間かかることが一般的です。

したがって、料金を安く抑えたい場合に適しています。

 

 

3.効率的なルート選定をするためには     

効率的なルート選定には、時間やコスト面以外にもさまざまなことを考慮する必要があります。

例えば、荷物の種類、サイズ、重量などです。

 

 

さらに、目的地までの距離やアクセス性、天候や季節的な要因もルート選定に影響を与えます。

悪天候や政治的な不安定さが予想される地域では、より信頼性の高いルートを選択することが賢明です。

 

 

これらを総合的に検討し、比較ツールを使って、最適なルートを選定しましょう。

これによりコストを抑えつつ、必要な時間内に安全に荷物を目的地まで送ることができるのです。

 

 

 

3.輸送費用の計算

 

国際輸送の最適化

 

1.重量、サイズに基づく輸送費用    

輸送費用の計算では、まず荷物の重量とサイズが基本となります。

 

 

航空便の場合、重量が主な計算基準ですが、大きなサイズの荷物の場合、体積重量(サイズに基づいた重量換算)が考慮されることがあります。

 

 

一方、船便では、荷物の総重量、サイズやコンテナの使用量が主に料金を決定します。

重いまたは大きな荷物は、通常、より高い輸送費用を要します。

 

 

2.追加料金(税関手数料、保険など)    

基本的な輸送費用に加えて、いくつかの追加料金が発生することもあります。

 

 

これには、税関手数料、関税、輸入消費税などが挙げられます。

これらの費用は、荷物の種類や価値、そして輸入国の規制によって異なります。

また、荷物の保険に加入することで、輸送中の損失や損害から保護することができますが、これも追加費用になります。

 

 

3.予算計画とコスト削減のテクニック     

輸送費用を予算内に収めるためには、いくつかのテクニックが役立ちます。

 

 

例えば、荷物の重量やサイズを最小限に抑えることで、輸送費用を削減できます。

過剰な梱包をしない、柔らかいものは圧縮するなどの工夫ができるでしょう。

 

 

また配送時間を重視しなければ、航空便ではなく船便を選択することでコストを下げることができます。

 

 

輸送ルートの最適化や出発時期の調整も、コスト削減に寄与することがあります。

 

 

さらに、複数の輸送会社の見積もりを比較することで、最もコスト効率の良いオプションが選べます。

比較するには、国際送料見積ツールがおすすめです。

 

 

無料で利用でき、重さまたはサイズを入力するだけでさまざまな輸送方法を比較できます。

中国仕入れのさくら代行の国際送料見積ツール

 

 

また予期せぬ追加費用を避けるためには、事前にすべての費用を詳細に確認し、必要な場合は保険に加入しておくことが賢明です。

 

 

これらを適切に管理し、計画することで、中国から日本への輸送費用を効率的に計算し、コストを最適化することができます。

 

 

4.主要な配送業者の特徴と比較  

中国から日本への荷物配送に関わるいくつかの主要な配送業者には、それぞれ独自の特徴と利点があります。

 

 

ここでは、「Jp-BPJapan Bridge Post)」、「EMSExpress Mail Service)」、「海源DQ快速船便」、そして「中国郵政船便」の4つのサービスを紹介します。

 

 

 

1Jp-BPJapan Bridge Post

特徴:Jp-BPは、ほとんどが中国と日本間の特化した配送サービスです。

特に、小包や軽量の荷物に対応していることが多いです。

利点:迅速な配送、中小規模の荷物に適している点、そして日本向けのサービスに特化している点が強みです。

 

 

2EMSExpress Mail Service   

特徴:EMSは、国際的に利用される高速郵便サービスです。

追跡サービスや保険オプションが充実しており、多くの国で利用されています。

利点:信頼性の高さ、追跡システムの精度、そして世界中での広範なネットワークがあります。

 

 

3.海源DQ快速船便 

特徴:海上輸送に特化しており、特に大量の荷物や重い荷物の輸送に適しています。

利点:大量輸送に最適で、コストパフォーマンスが良いです。

また、大型荷物や重量物に対応している点も強みです。

 

 

4.中国郵政船便   

特徴:中国郵政の提供する船便サービスで、一般的に低コストで提供される海上輸送サービスです。

利点:コストパフォーマンスが良く、一般的な荷物に対応しています。

また、広範囲の輸送ネットワークを持っています。

 

 

 

5.よくある問題と解決策  

1.中国の大型連休の影響や通関での遅延    

中国の大型連休は物流に大きな影響を及ぼします。

春節(1月下旬から2月中旬ごろ)や国慶節(101日から1週間ほど)の期間中には物流業務が停止または遅延する可能性が高いため、これらの休日を事前に把握し、出荷計画を調整しなければなりません。

 

 

連休前に出荷を完了させるか、連休後に出荷を予定することで遅延を避けることができます。

また、通関手続きの混雑も遅延の原因となることから、必要な書類を事前に準備して迅速に通関させることが重要です。

 

 

2.発送中の荷物損傷に関する対策 

輸送中の荷物の損傷を防ぐためには、丁寧な梱包が不可欠です。

 

 

衝撃や振動から荷物を保護するために適切なクッション材を使用し、必要に応じて防水・防湿対策を施すことをおすすめします。

日本にいてその対策ができない場合は、仕入れ先の業者に依頼するか、輸入代行業者のオプションで対応することができます。

 

 

中国仕入れのさくら代行のオプション内容はこちら

 

3.配送に関する問い合わせ方法    

輸送業者が提供するトラッキングシステムを活用し、荷物の現在地や状態をリアルタイムで把握することができます。

 

 

万が一、さらなる情報が必要な場合は、輸送業者のカスタマーサービスに連絡を取り、対応を依頼できるでしょう。

特に英語や日本語対応が可能なサポート体制を持つ業者を選ぶと、コミュニケーションの面で有利です。

 

 

 

6.まとめ

 

国際輸送の最適化

 

いかがでしたか?

国際輸送は常に変化し、多くの変数に影響される分野であるため、最新の情報に常に注意を払い、適応する柔軟性を持つことが成功への鍵です。

この記事が、中国から日本への輸送において事業者様の役に立つことを願っています。

 

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。

必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

 

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。

中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる