中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > ヘルプセンター > アリババ仕入れから楽天市場での売上最大化へ:シーズン特集と客単価アップの秘訣

アリババ仕入れから楽天市場での売上最大化へ:シーズン特集と客単価アップの秘訣

売上の増加は、企業の成長を示す重要な指標の一つです。

 

客単価、すなわち一人の顧客が一度の取引で平均してどれだけの金額を支払うかを示す指標も、売上の構築における鍵となる要素です。

 

客単価が高まるということは、顧客一人当たりからの収益が増えているということを意味します。

 

これが売上の増加に寄与する場面も多く、高い客単価を持つビジネスは、同じ顧客数であっても他のビジネスよりも高い売上を上げる可能性があります。

例えば、高級ブランドや特定の専門サービスは、高い客単価を特徴としています。

 

しかし、客単価の上昇だけを追求すると、新規の顧客獲得が難しくなるリスクも考慮しなければなりません。

価格設定、商品の質、マーケティング戦略など、多くの要素が客単価と密接に関係しています。

 

客単価と売上の増加は直接的な関係を持っており、ビジネスの戦略を考える上で、これらのバランスを適切にとることが必要です。

 

企業が持つ商品やサービスの価値を正しく顧客に伝え、適切な価格で提供することで、客単価の最適化と売上の拡大を同時に追求することが可能となります。

 

本記事では楽天市場における客単価アップについて紹介します。

 

売上アップ

 

 

 

1. シーズン特集と客単価アップ

売上を向上させるためには、単に商品を売るだけではなく、どのように販売するかが重要です。

 

特に楽天市場のような大規模なマーケットプレイスでは、商品単価が3000~5000円のアパレル商品を販売する場合、シーズン特集を活用することで客単価を上げることが可能です。

 

売上の方程式は、"売上 = 客数 × 客単価”です。

 

客数を増やすのはもちろん重要ですが、客単価を上げることによっても売上を大きく左右することができます。

そして、客単価を上げる一つの戦略として、特定の季節やイベントに合わせた商品の特集(シーズン特集)を行うという方法があります。

 

シーズン特集は、例えば「夏のTシャツ特集」や「冬のコート特集」など、季節やイベントに合わせた特定の商品群を一緒に販売することです。

顧客はこのような特集を見て、一つの商品だけでなく、複数の商品を一度に購入する可能性が高まります。

 

その結果、客単価が上昇します。

 

2. シーズン特集がねらい目な理由

 

シーズン特集が客単価アップに効果的な理由は、以下の通りです。

 

まず、イベントの趣旨がわかりやすい点です。

 

例えば「バレンタイン特集」ならば、おそらくチョコレートやジュエリーなど、バレンタインに関連する商品が特集されることが予想されます。

これにより、顧客は自分が何を買うべきかを瞬時に理解し、購買意欲を高めることができます。

 

次に、イベントのネタが豊富である点も理由の一つです。

 

一年を通じてさまざまなイベントがあり、それぞれに合わせた商品を特集することができます。

これにより、新鮮な特集を定期的に提供することができ、顧客の興味を引きつけることができます。

 

また、成功すれば定番化させやすいというメリットもあります。

例えば、「夏のビーチサンダル特集」が大成功したとすると、次の年も同じ特集を行い、さらに成功を重ねることができます。

このように定番化させることで、顧客からの信頼を得て販売を安定化させることができます。

 

さらには、春には桜の季節や入学シーズン、夏には海やフェス、秋には読書の秋やスポーツの秋、冬にはクリスマスや年末年始など、一年を通じて様々なシーズン特集を狙うイベントが存在します。

 

これらを活用すれば、常に新鮮な商品ラインナップを提供し、顧客の関心を維持することができます。

 

3. 条件付きクーポンの利用

楽天市場では、条件付きクーポンを活用することも可能です。

 

これは一定の金額以上購入すると一定の割引が適用されるクーポンで、例えば「5000円以上購入で500円OFF」などといった形です。

 

これにより、顧客は必要な商品を一つだけ購入するよりも、少し多めに購入してクーポンを利用する方がお得だと感じ、結果的に客単価を上げることが可能です。

 

4. 客単価アップのためにできる他の施策

他にも客単価を上げるための施策はあります。

 

例えば、商品をセットで販売することも一つの方法です。

「Tシャツ+ショートパンツのセット」や「冬のアウターセット」などといった形で商品をバンドルし、それぞれの商品を単独で販売するよりもお得に感じさせることができます。

 

また、楽天市場内のページ上において、上位ランクの商品を積極的に掲載し、それらに対する導線を強化することも有効です。

これにより、より高価な商品への購買意欲を喚起し、客単価を上げることができます。

 

4.1 シーズン特集と商品訴求の結びつき

シーズン特集は、単に商品を並べるだけでなく、商品の訴求と密接に関連しています。

例えば、「夏のTシャツ特集」をする際には、「暑い夏を快適に過ごすためのおしゃれなTシャツ」といった具体的な訴求を行うことで、顧客の購買意欲を刺激することができます。

 

また、「冬のコート特集」では、「寒い冬でも暖かく、さらにスタイリッシュに見える最新のコート」などと訴求することで、商品の価値を高め、高単価の商品を売りやすくします。

 

シーズン特集を成功させるためには、ただ単に商品を並べるだけでなく、それぞれの商品が持つストーリーや価値をしっかりと伝えることが重要です。

 

それにより、顧客は自分が何を買うべきか、その商品を買うことでどのような価値を得るのかを理解し、より多くの商品を購入する動機付けになります。

 

また、一度成功したシーズン特集は次の年にも続けることで、顧客の期待を作り、毎年その時期になると訪れて商品を購入する習慣をつけることもできます。

これにより、長期的に見ても安定した売上を維持することができます。

 

以上のように、シーズン特集の活用、条件付きクーポンの導入、商品訴求の工夫などを通じて、アパレル商品の客単価を上げる戦略は多岐にわたります。

 

市場の動向を見つつ、自店舗の商品と顧客のニーズに最も合致した方法を選択し、実行することが重要です。

 

5. シーズン特集と商品訴求の結びつき

これまで述べてきたように、シーズン特集はその商品が顧客に提供する具体的な価値を明確に伝えるための最良の手段の一つです。

また、その商品訴求が成功すれば、それは自然と客単価の向上につながるでしょう。

 

例えば、あるブランドのトレンド感のある冬のコートを特集するとしましょう。

 

その際、「寒さから守りつつもファッショナブルさを保つ」、「豊富なデザインと色から選べる」、「あたたかい素材感で快適な着心地」など、商品の魅力や特徴を強調しましょう。

これにより、顧客はそのコートの価値を理解し、購入する意欲を高めることでしょう。

 

さらに、特集ページでは、商品の使い方やコーディネートの提案を行うことで、顧客の購買意欲をさらに刺激します。

 

コーディネートの提案には、「このコートに合うスカーフや手袋もご覧ください」といった商品のクロスセル(一緒に買いたくなるような商品の提案)も有効です。

 

これにより、単品の売り上げだけでなく、関連商品の売り上げも伸ばすことが可能になります。

 

最後に、シーズン特集を成功させるためのポイントとして、「早めの準備」が挙げられます。

 

例えば、冬物の特集を考えるなら、9月頃には計画を練り始め、10月下旬には特集ページを公開する、といったスケジューリングが重要です。

これにより、顧客が実際に商品を必要とする前に、自店の商品を認知してもらうことができます。

 

シーズン特集の活用と商品訴求の強化は、お客様に最適な商品を提供し、売上向上につながる大切な要素です。

これらを組み合わせてうまく活用すれば、アパレル店舗の売上、そして顧客満足度も一緒に向上することでしょう。

 

まとめ

楽天市場でアパレル商品を販売する際には、様々な方法で客単価を上げることが可能です。

その中でも、今回提案したのはシーズン特集の活用と、条件付きクーポンの適用です。

 

これらを利用することで、一度の購買での支払総額を増やし、売上向上に寄与することが期待できます。

 

シーズン特集では、顧客の関心が高まる時期に合わせて商品を提案し、購買意欲を刺激します。

同時に、他の商品との組み合わせやアップセル、クロスセルを進めることで、一度の購買での購入商品数を増やすことができます。

 

また、条件付きクーポンを設定することで、顧客により多くの商品を購入するインセンティブを提供します。

一定金額以上の購入でクーポンが適用される設定にすることで、顧客はより高額な商品を購入したり、追加の商品をカートに入れることを検討するでしょう。

 

これらの施策は、ショップの売上向上だけでなく、顧客満足度の向上にも寄与します。

顧客は自分が求める商品を見つけ、その上でお得感を感じることができるからです。

適切なシーズン特集の設定と、効果的なクーポンの適用で、アパレル店舗はより多くの売上を達成し、顧客との良好な関係を築くことができるでしょう。

 

以上が、楽天市場でのアパレル販売における、客単価向上のための戦略についての考察です。

商品単価が3000円から5000円の範囲であっても、適切な戦略を組み立てることで、確実に売上は向上するでしょう。

楽天市場での成功を目指すすべてのアパレル店舗にとって、参考になる内容となったことを願っています。

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。

中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる