中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > ヘルプセンター > 物販ビジネスの仕入れ先はどう選ぶ⁈国内外の最適な仕入れ先を見つける方法

物販ビジネスの仕入れ先はどう選ぶ⁈国内外の最適な仕入れ先を見つける方法

物販ビジネスの成功は、製品の品質、価格設定、マーケティング戦略など、さまざまな要素に依存しますが、その中でも「仕入れ」は非常に重要な要素です。

 

しかし、適切な仕入れ先を見つけることは必ずしも容易な作業ではありません。

 

それは国内のリテールストア、オンラインマーケットプレイスから、海外の大規模な供給網まで及びます。

そしてその選択は、商品の種類、ビジネスモデル、コスト、品質管理の要件など、あらゆる側面に影響を与えるのです。

 

本記事は、国内外のさまざまな仕入れ先を比較検討し、皆様の自社のビジネスモデルに最適な方法を見つけることを目的としています。

 

仕入れ

 

 

 

 

1.物販ビジネスと仕入れ先選びの重要性  

物販ビジネスとは、商品を仕入れて販売するビジネスのことを指します。

これにはさまざまな形態が存在します。

 

例えば、リテールストアのように直接消費者に商品を販売するB2C(ビジネス・トゥ・カスタマー)型のビジネス、他のビジネスに商品を販売するB2B(ビジネス・トゥ・ビジネス)型のビジネスなどがあります。

 

物販ビジネスを始めるためには、何を、どこで、どのように売るかを決めるビジネスプランが必要です。

仕入れ先の選び方は物販ビジネスの成功に直結します。

 

質の高い商品を適正な価格で仕入れることができれば、より高い利益を得られます。

逆に、不適切な仕入れ先を選んだ場合、品質の低い商品を高価で仕入れることになり、結果としてビジネスの利益率が下がる可能性があります。

 

仕入れ先を選ぶ際には、価格だけでなく、品質、納期、安定した供給能力、アフターサービスなど、さまざまな要素を総合的に考慮しなければなりません。

また、仕入れ先との良好な関係を維持することで、長期的なビジネスの成功につながります。

 

さらに、オンラインでの物販ビジネスの場合、国内だけでなく海外の仕入れ先から商品を調達することもできます。

これにより、より多様な商品を出品できるようになりますが、その一方で、関税や物流、通信の問題など新たな課題も生じます。

 

これらの要素も含めて最適な仕入れ先を選ぶことが重要です。

また、物販ビジネスは実店舗による販売だけでなく、オンラインを活用した販売も盛んに行われています。

ECサイトやマーケットプレイスを利用して、国内外の消費者に向けて商品を販売することができます。

 

 

 

2.国内仕入れ先の特性と戦略  

1.リテールストア(しまむら、西松屋など)      

しまむらや西松屋などのリテールストアは、消費者に直接商品を提供する一般的なビジネスモデルを持っています。

これらのストアから仕入れを行う場合、大量購入による割引や、シーズン終わりのセールなどを活用することで、商品を安価に仕入れることができます。

ただし、リテール価格は通常、卸売価格よりも高く設定されているため、利益率を保つためには適切な販売戦略が求められます。

 

 

2.オンラインマーケットプレイス(Amazon, ヤフオク!, 楽天市場, Qoo10, NETSEA     

オンラインマーケットプレイスは、様々な製品を一手に扱っており、その多様性と手軽さから物販ビジネスの主要な仕入れ先となっています。

 

Amazonや楽天市場は個々の販売者だけでなく、企業も商品を販売しており、新品の商品を直接仕入れることができます。

ヤフオク!Qoo10は個人からの出品も多く、中古品や一部の新品を比較的低価格で仕入れることができます。

 

NETSEAB2Bに特化したマーケットプレイスで、大量仕入れを行えます。

 

 

3.リサイクルショップ(BOOK OFF, HARD OFF       

リサイクルショップは、中古の商品を安価で仕入れることができる場所です。

 

BOOK OFFでは書籍、CDDVD、ゲームソフトなどが、HARD OFFでは家電や楽器などが取り扱われています。

これらの店舗から商品を仕入れ、オンラインで販売することで利益を上げるビジネスモデルも存在します。

ただし、中古品のため商品の状態には注意が必要で、状態が良い人気の商品を選ぶ必要があります。

 

 

4C2Cプラットフォーム(ラクマ, ヤフオク!, メルカリ)        

C2CConsumer to Consumer)プラットフォームは、個々の消費者が直接商品を売買する場です。

ラクマ、ヤフオク!、メルカリなどは、新品未使用品から中古品まで様々な商品が取引されており、これらから仕入れることもできます。

 

しかし、個人から直接購入するため、商品の状態や価格、取引の安全性などには注意が必要です。

一部の商品は格安で仕入れることが可能な一方で、人気商品やレアな商品は高額になることもあります。

 

これらのプラットフォームを活用する場合は、市場の動向を把握し、適切な価格で商品を仕入れる戦略が求められます。

 

 

3.海外仕入れ先の特性と戦略  

1.オンラインマーケットプレイス(eBay, アリババ, 海外Amazon    

海外のオンラインマーケットプレイスは、世界中から商品を仕入れることができるため、国内にはないチャンスを掴めます。

 

eBayは世界最大のC2C及びB2Cオンラインオークションサイトで、新品から中古品まで幅広い種類の商品が取り扱われています。

個々の出品者や企業から直接商品を購入できますが、海外からの取引のため、通信、送料、関税などに注意が必要です。

 

アリババは世界最大のB2Bオンラインマーケットプレイスで、特に中国のメーカーから大量の商品を仕入れることができます。

品質確認や納期管理、最小注文数量など、ビジネスレベルでの取引のための検討事項があります。

 

海外Amazonでは、その国で流通している商品を購入できます。

海外の商品を国内で販売する際には、その商品が国内法規制に適合しているかどうか、商品の安全性や説明文の言語など、さまざまな要素を検討する必要があります。

 

 

2C2Cプラットフォーム(eBay, タオバオ)    

C2Cプラットフォームは個々の消費者間で商品を取引する場です。

eBayは既に前述しましたが、タオバオは中国最大のC2Cオンラインショッピングプラットフォームで、非常に多種多様な商品を取り扱っています。

 

しかし、商品の品質管理や偽造品の存在、言語の問題、配送の問題など、様々な課題があります。

また、これらのプラットフォームから直接大量に仕入れることは難しく、小ロットでの仕入れや特定のニッチな商品を仕入れる際には有効です。

 

海外のC2Cプラットフォームから仕入れる際は、その国の商慣習、通貨、言語、法規制などについて理解しておくことが重要です。

 

 

 

4.仕入れ先選びのポイント    

 

仕入れ

 

1.ビジネスモデルとターゲット市場を理解する       

ビジネスモデルとターゲット市場を理解することは、仕入れ先を選ぶ上での最初のステップです。

 

商品をどのように販売するか、またその商品がどのような顧客に向けられているかを知ることで、どの種類の商品を、どのような仕入れ先から仕入れるべきかを理解することができます。

例えば、新品の高級商品を販売する場合、信頼性の高いリテーラーや製造元から直接仕入れることが適切でしょう。

一方で、中古商品や格安商品を販売する場合、オークションサイトやリサイクルショップから仕入れることが適切となります。

 

 

2.仕入れ先の評価と信頼性をチェックする     

仕入れ先の評価と信頼性をチェックすることは、良質な商品を安定的に仕入れるために必要です。

 

これは、オンラインマーケットプレイスやC2Cプラットフォームにおける出品者のレビューを確認するだけでなく、B2B取引における企業の信頼性やサプライヤーの過去の取引履歴、製品の品質をチェックすることも含みます。

 

 

3.利益率とコストを考慮する      

仕入れ先を選ぶ際には、商品の売値から仕入れ価格とその他のコスト(運送費、関税、手数料等)を引いた利益がどれくらいになるのかを考慮する必要があります。

 

仕入れ価格が低い仕入れ先は魅力的に見えますが、それが高い送料や品質問題を引き起こす場合、最終的な利益率は低くなるでしょう。

また、仕入れ先が提供する支払い条件や返品政策なども、コスト計算に影響を及ぼす重要な要素です。

 

 

4.仕入れ先との関係を維持するためのコミュニケーション         

良好な仕入れ先との関係は、長期的なビジネス成功に寄与します。

 

これは定期的なコミュニケーションにより維持され、互いのビジネスニーズを理解し、将来的な問題を予防する手段となります。

例えば、市場の動向や製品の需給状況についての情報交換は、双方にとって有益な戦略的な決定を下すのに役立ちます。

 

また、信頼関係を築くことで、独占的な取引や優遇的な価格設定など、特別な取引条件を交渉することができるようになるかもしれません。

 

 

 

5.仕入れ先選びの失敗例と対策   

・品質問題

品質の悪い商品を仕入れると、顧客からのクレームや商品の返品、再出荷による追加のコストが発生し、ビジネスの信頼性を損なう可能性があります。

これは特に、海外の不明瞭な仕入れ先からの購入や、確認せずに大量の商品を仕入れる際に発生しやすいです。

 

対策としては、新たな仕入れ先から商品を購入する際には、最初は小ロットで試す、サンプルを要求する、仕入れ先の評判やレビューをチェックするなどして、商品の品質を事前に確認することが重要です。

 

・納期遅延

商品の納期遅延は、在庫不足や販売機会の損失を招き、ビジネスの運営に悪影響を及ぼす可能性があります。

これは特に、海外からの長距離の輸送や、製造工程を含むB2B取引において発生しやすいです。

 

対策としては、必要な納期を明確に伝え、契約に納期条項を含めることが有効です。

また、複数の仕入れ先を持つことで、一方が遅延した場合でも別の仕入れ先から商品を取り寄せることができます。

 

・価格変動

為替変動や仕入れ先の価格政策変更により、予想外のコスト増が発生することがあります。

 

これは特に、海外の仕入れ先から長期間にわたって同じ商品を購入する場合や、特定の仕入れ先に大きく依存している場合に発生しやすいです。

 

対策としては、価格保証や為替レートの固定を含む契約を結ぶ、または複数の仕入れ先を持つことで、価格変動のリスクを分散させることが有効です。

 

 

不適切な商品選定

市場のニーズを理解せずに商品を仕入れると、在庫の過剰や売上減少につながる可能性があります。

 

これは特に、流行に敏感な商品や高価な商品を取り扱う場合に発生しやすいです。

対策としては、市場のトレンドを定期的に分析し、顧客のフィードバックを収集することで、市場のニーズに応じた商品選定をすることが重要です。

 

また、高価な商品を仕入れる際には、事前の市場調査や顧客の事前予約などを活用して、需要を確認することも有効です。

 

 

 

6.物販ビジネスで成功するための仕入れ戦略の作り方

 

仕入れ

 

1.ビジネスモデルの確立      

最初にビジネスモデルを明確にします。

これには、商品の種類(新品、中古、高価、格安など)、販売チャネル(実店舗、オンライン、両方)、ターゲット顧客(一般消費者、企業など)などを決めることです。

 

2.市場分析     

市場分析を行い、競争状況、顧客の需要、業界のトレンドなどを確認します。

この情報を用いれば、適切な価格設定、販売戦略、そして最重要の仕入れ戦略を考え出すことができます。

 

3.仕入れ先の選定  

次に、商品を仕入れるための適切な供給元を探します。

これは国内外のリテールストア、オンラインマーケットプレイス、リサイクルショップ、C2Cプラットフォームなど多岐にわたります。

重要なのは、仕入れ先の信頼性、商品の品質、コスト、納期などを考慮に入れ、ビジネスモデルと市場分析の結果に基づいて選ぶということです。

 

4.供給チェーンの最適化        

物販ビジネスにおける供給チェーンの効率は重要です。

仕入れ先との長期的なパートナーシップを築き、一貫した供給を確保しつつ、コストを抑える努力を行うことが求められます。

また、突発的な市場の変動や供給遅延に対応できるよう、複数の仕入れ先を持つことも有効です。

 

5.品質管理  

仕入れた商品の品質を保つことは、顧客満足度の向上とブランドの信頼性を維持するために欠かせません。

これは、仕入れ先の厳選、品質チェックのプロセスの確立、そして必要に応じて商品の返品や交換を行うことが大切です。

 

6.柔軟性の確保        

市場は常に変化しているため、仕入れ戦略もそれに応じて進化させる必要があります。

顧客の需要、業界のトレンド、競争状況などを定期的にレビューし、必要に応じて戦略を更新します。また、新たな仕入れ先や新しい商品カテゴリーを探す意欲も必要です。

 

 

 

7.まとめ

いかがでしたか?

 

物販ビジネスにおける仕入れ戦略は、企業の成功において重要な役割を果たします。

市場の変動、顧客の需要の変化、新しいトレンドの出現などに適応しつつ、質の高い商品を適切な価格で提供するためには、適切な仕入れ先の選定と関係構築が求められます。

 

本記事が、皆様の物販ビジネスが次のレベルに進むための仕入れ戦略の洞察と指南となることを願っています。

今後も業界の最新情報と分析を書き続けることで、皆様のビジネス成功につながる手助けができれば幸いです。

 

物販のおすすめ仕入れ先や仕入れの流れについては、こちらの記事で詳しく解説されています。あわせてご確認ください。

参考:物販のおすすめ仕入れ先を紹介!コツや流れを詳しく解説 | アクシグ

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

この記事は中国輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行が執筆しています。

中国仕入れのさくら代行:https://www.sakuradk2.com

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる