中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > ヘルプセンター > 新たなビジネスチャンスへの挑戦!パンデミックの影響を受けた物販と仕入れの変革とは

新たなビジネスチャンスへの挑戦!パンデミックの影響を受けた物販と仕入れの変革とは

新型コロナウィルスのパンデミックは、世界中のすべての産業に深刻な影響を及ぼしました。

 

それは、日常の生活様式から、ビジネスの運営方法まで、我々の生活のあらゆる側面に変化をもたらしました。

中でも特に大きな影響を受けたのが物販業界で、新たなチャレンジに直面しつつ、その変革の中で新たな機会を見つけようと努力しています。

 

この記事では、新型コロナウィルス後の物販業界に起きている変化と、その中で出現したチャレンジに焦点を当てます。

 

 

物販と仕入れ

 

 

 

 

1.パンデミックの衝撃と物販・仕入れ業界  

1.新型コロナウィルスの概要    

新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)は、2019年ごろに全世界に広まりました。

 

このウィルスによる病気は、COVID-19Coronavirus Disease 2019)と命名されました。

感染力が強く、重篤な症状を引き起こす可能性があるため、各国は都市封鎖、社会的距離の確保、非必要不急の外出の自粛など、感染拡大を抑えるための厳しい措置を講じました。

これにより、人々の生活、社会、経済活動は大きな影響を受けました。

 

 

2.パンデミックが物販・仕入れ業界にもたらした変化    

物販業界は、新型コロナウィルスのパンデミックの影響を直接的に受けました。

 

特に、小売店は都市封鎖や自粛措置により営業が困難になり、また、消費者の外出自粛による販売量の減少に直面しました。

これにより、従来のブリック・アンド・モルタル(店頭販売)からオンラインへの急速なシフトが起こりました。

 

一方、仕入れ業界も大きな打撃を受けました。

供給網は混乱し、特に海外からの輸入品に対する影響は深刻でした。

中国をはじめとする製造国での工場の閉鎖や輸送網の混乱、各国の輸入制限などにより、商品の供給が大幅に減少しました。

 

また、店頭での販売が困難になるとともに、消費者行動も変化しました。

感染リスクを避けるため、消費者はオンラインショッピングを選択するようになり、これによりEC(電子商取引)市場は大きく成長しました。

 

これに対応するため、企業はデジタル化を急ピッチで進め、新たな販売チャネルの開拓やオムニチャネル戦略の実行に努めるようになったのです。

 

 

 

2.物販業界の変革   

 

物販と仕入れ

 

1.オンライン販売へのシフト     

対面販売のリスクを避け、店舗の閉鎖や営業時間制限を回避するため、多くの小売業者がオンライン販売を強化または開始しました。

 

オンライン販売は、消費者にとってもリスクを低減し、便利なショッピング体験ができるということで、広く受け入れられました。

新たにECサイトを立ち上げた企業もあれば、既存のオンライン販売を強化した企業もあります。

 

オンライン販売へのシフトは、商品の写真や説明文の充実、簡易的な注文プロセス、迅速な配送サービスなど、オンラインでの販売形態を大きく改善させました。

 

2.ブレンデッドショッピング:オンラインとオフラインの融合     

オンラインとオフラインの融合、すなわち「ブレンデッドショッピング」を加速しました。

 

これはオンラインで商品を探し、店舗で購入する、またはその逆という行動を消費者が取るようになった現象を指します。

 

このため、物販業者は顧客にオンラインと店舗の両方で一貫した購買体験をしてもらう必要があり、デジタルと物理の境界を曖昧にしました。

例えば、店舗での商品のデジタル表示、オンラインでの在庫確認、オンライン予約と店舗でのピックアップなどがこれに該当します。

 

 

3.クリック&コレクトや配送オプションの増加      

クリック&コレクト(オンラインで注文して店舗で受け取る)は、消費者が安全に商品を受け取ることができ、同時に配送料を節約できるため、人気があります。

 

また、配送オプションも増えました。

物販業者は消費者が自宅にいながら商品を受け取れるように、配送スピードを上げる、時間指定配送を行う、配送費用を低減するなど、さまざまな配送オプションを新設しました。

さらに、一部の小売業者は最終配送(最後の一マイル)を自社で行うことで、配送をよりコントロールしたのです。

 

これらの変化は、物販業界がパンデミックの影響を最小限に抑え、消費者のニーズに対応するための革新的な手段だといえます。

 

 

 

3.仕入れの新たなパラダイム   

1.サプライチェーンの変化     

パンデミックにより、工場の閉鎖、労働力の不足、輸送経路の混乱などが起こり、商品の供給が大幅に遅延または中断されました。

これにより、企業はサプライチェーンの脆弱性を再認識し、その対策を迫られました。

 

具体的には、サプライチェーンの透明性を高めるためのデジタルツールの導入、より近い場所からの調達、サプライチェーンの多角化などが試みられました。

 

2.リモート仕入れの増加      

仕入れの手法にも変化をもたらしました。

 

海外への出張や現地での品質検査が困難になり、リモート仕入れが一般的になりました。

これには、オンラインでのサプライヤーとのミーティング、デジタルツールを用いた品質管理、仮想的な商品見本市の開催などがあります。

 

この変化は、特に中国からの仕入れに影響を与えました。

中国は製造業の大国であり、多くの企業が中国を訪れて商品を直接確認し、取引を行っています。

しかし、パンデミックにより、それが困難になったため、リモート仕入れの方法を取り入れる必要がありました。

 

 

 

4.パンデミックによる新たなチャレンジと対策 

 

物販と仕入れ

 

1.在庫管理と供給網の調整      

パンデミックにより、中国などの海外からの輸入商品の供給に遅延が生じ、在庫管理が一段と難しくなりました。

また、需要の予測も困難となり、需要と供給のバランスを保つことが一層重要となりました。

 

企業は在庫管理を効率化し、フレキシブルに対応するために、リアルタイムで在庫情報を提供するシステムを導入したり、AIやデータ分析を活用して需要予測の精度を上げるような工夫をしました。

また、供給網も再構築し、単一の供給元に依存しないようにしたり、より多くの地域からの輸入を活用するなどの対策をとりました。

 

2.安全と清潔さへの注目:商品と顧客の安全確保      

商品の安全性と清潔さに対する消費者の関心を一層高めました。

 

これに対応するため、企業は商品の検疫プロセスや清潔な物流環境を確保し、顧客に安心して商品を購入できる環境をつくる努力をしました。

また、消費者に対しては、これらの取り組みを報告し、信頼関係の構築に努めました。

 

 

3.デジタルとアナログの統合:顧客エクスペリエンスの再考       

中国からの輸入商品の販売においても、顧客体験の改善が重要なテーマとなりました。

 

オンラインとオフライン、デジタルとアナログの境界がなくなる中、顧客が求めるのは一貫性と便利さです。

 

オンライン上での商品説明や購入プロセスを簡単にし、商品の受け取り方法を選べるようにする等、オンラインとオフラインの統合を図りました。

また、中国からの輸入商品の特性や魅力を、デジタルコンテンツやストーリーテリングを通じて伝えるなど、顧客が商品に対して感じる価値を高める試みも行われました。

 

 

 

 

5.革新的な取り組みと成功事例   

1.物販・仕入れ業界の先見的な取り組み     

デジタル化では、AIとビッグデータの活用による需要予測の改善、ブロックチェーン技術を使ったサプライチェーンの透明化、リモートでの取引や品質検査などが挙げられます。

 

供給網の多様化では、地理的なリスクを分散させるため、多くの供給元と取引を進め、より堅牢な供給体制を築く取り組みが見られました。

 

2.パンデミック後の成功事例の紹介 

業界全体の模範となったのは、デジタルツールを活用したフレキシブルな仕入れ戦略と、消費者の安心感を重視したブランド構築でした。

 

例えば、ある企業ではAIを用いた需要予測モデルを開発し、中国からの輸入量を最適化しました。

また、別の企業では、全商品に対する検疫と清潔な物流環境を確保することで、消費者からの信頼を獲得し、販売を伸ばすことに成功しました。

 

3.パンデミックが刺激した新たな機会     

パンデミックは、オンラインショッピングの普及を加速させ、これに対応した企業は大きな利益を上げることができました。

 

また、消費者の行動や価値観の変化をいち早く捉え、それに対応した商品を取り扱った企業も成功を収めました。

つまり、課題に対応するための創意工夫や革新的な取り組みにより、新たなビジネスチャンスを見つけ出したと考えられるでしょう。

 

 

 

6.まとめ 

いかがでしたか?

新型コロナウィルスのパンデミックは、我々に大きな試練をもたらしましたが、同時に物販業界、特に中国からの輸入に関する新しい視点を与えました。

 

これまでのビジネスモデルや仕入れの戦略、顧客対応を再考し、変革するきっかけとなったのです。

一見困難に見える状況の中にも、新たなチャンスや可能性が秘められていることを、我々は忘れてはなりません。

 

未来の物販業界は、デジタル化の進展、オンラインとオフラインの一体化、リモート仕入れという新しい形態の採用、より透明で堅牢なサプライチェーンの構築など、パンデミックが加速させた様々な変革を引き継いで進んでいくでしょう。

 

この変化をうまく活用し、適応することで、物販業界は新たな可能性を見つけ、持続的な成長を続けていけるでしょう。

 

パンデミックが我々に教えてくれた重要な教訓の一つは、未来は常に不確定であり、変化とは唯一確定的なものであるということです。

しかし、その変化の中にチャンスがあり、革新と成長の可能性があるということを理解することで、我々は未来を切り開いていくことができます。

 

だからこそ、物販業界、特に中国からの輸入を考える際には、この事実を念頭に置いて取り組むことが必要です。

今後も物販業界は継続的な変化に対応し、その中で新たな価値を見出し、持続可能な未来を追求していくことでしょう。

 

その過程で、より強固な経済を構築し、社会全体の豊かさを向上させていくことを期待します。

 

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

この記事は中国輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行が執筆しています。

中国仕入れのさくら代行:https://www.sakuradk2.com

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる