中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > ヘルプセンター > 一歩先へ進むための物販副業マニュアル!最適な仕入れ先の選び方と売れ筋商品の見つけ方

一歩先へ進むための物販副業マニュアル!最適な仕入れ先の選び方と売れ筋商品の見つけ方

物販ビジネスは、手軽に始められる副業の一つであり、正しい知識と戦略があれば、誰でも成功するチャンスがあります。

 

しかし、どのように始めたら良いのか、どの商品をどこで仕入れたら良いのか、売れ筋商品の見極め方やリスク管理といった仕入れのコツなど、始める前に知っておくべきポイントがたくさんあります。

 

この記事では、物販副業の始め方から仕入れのコツ、成功するための重要なアドバイスまで、物販副業を始めるための情報を総合的にまとめています。

 

物販副業

 

 

 

 

 

1.はじめに  

物販副業は、主業とは別に、商品を販売して追加収入を得るビジネスモデルを指します。

 

商品を安く仕入れ、それをマークアップして販売することで利益を得ます。

それがオンラインストア(例えば、アマゾンやメルカリなど)でも、リアルの店舗でも、または両方でもできます。

 

1.物販副業とは?    

物販副業は、一般的に、商品を仕入れてから販売までのプロセスを自分で行う副業を指します。

 

具体的には、商品の選択、仕入れ、在庫管理、販売、顧客対応などの一連の作業を自分で行います。

商品の種類は無数にあり、自分の興味や専門知識、市場の需要などによって選ぶことができます。

 

2.物販副業のメリットとデメリット   

メリット

 

・収益性

適切な商品を選び、適切な価格で仕入れて販売すれば、高い利益率を達成することができます。

 

自由度

商品選択、価格設定、販売方法など、ビジネスのすべての側面を自分でコントロールできます。

 

フレキシビリティ

物販副業は時間や場所に縛られることなく行うことができ、自分の都合に合わせてスケジュールを組むことができます。

 

 

デメリット

 

・リスク

在庫リスク、販売リスク、資金リスクなど、物販には様々なリスクが存在します。

商品が売れないリスクもあります。

 

労力

商品の選定、仕入れ、管理、出荷など、多くの作業が必要です。

また、顧客対応にも時間とエネルギーを必要とします。

 

競争

オンラインやリアルの市場は競争が激しく、差別化やマーケティングが必要です。

 

 

 

2.物販副業のはじめ方

 

物販副業

 

1.市場調査:何を売るべきか?     

何を売るかは、物販ビジネスの成功に直結する重要な課題です。

 

適切な商品選定のためには、市場調査が必須です。

まず、自分が興味を持ち、知識を持っている分野に注目することが有用です。

 

次に、その商品の市場規模、競争状況、需要の季節性、顧客層などを調査しましょう。

また、既存の商品レビューやSNSのトレンドをチェックすることで、消費者のニーズを把握することができます。

 

2.商品ソースの選択:新品、中古、手作り?   

商品のソース選定は、何を売るかと同じくらい重要です。

 

新品の商品は、卸売市場やオンラインの仕入れサイトから購入することが一般的です。

中古商品は、リサイクルショップやオンラインのフリマアプリから仕入れることができます。

 

また、手作り商品の場合は、自分で製作するか、または他のクリエーターから卸売価格で仕入れることができます。

商品ソースの選択は、商品の種類、利益率、リスクなどに影響を与えます。

 

3.販売プラットフォームの選択:オンライン、オフライン?    

販売プラットフォームの選択は、自分の商品をどのように消費者に届けるかを決めます。

 

オンライン販売は、自分のウェブサイトや電子商取引プラットフォーム(アマゾン、楽天市場、Yahooショッピング、メルカリなど)を使う方法です。

これは広範な顧客層にアクセスでき、24時間営業が可能なため、時間や地理的な制限が少ないです。

 

オフライン販売は、物理的な店舗や市場での販売を意味します。

これは地域の顧客と直接関わることができ、商品を直接見てもらえます。

しかし、開店時間や地理的制約があるため、運営コストがかかります。

 

これらの選択は、物販副業の成功に直接影響を与えるため、自分のビジネスモデル、ターゲット顧客、そして利益マージンなどを考慮に入れる必要があります。

 

 

 

3.物販でおすすめの仕入れ先

1.国内の仕入れ先①卸売市場     

卸売市場は、さまざまな商品を大量に、そして比較的安価に仕入れることができる場所です。

 

例えば、食品なら築地市場や豊洲市場、洋服なら東京の日本橋や大阪の卸町、家電なら東京の秋葉原などがあります。

これらの場所では、新鮮な食品や流行のアパレル、最新の家電製品を一手に仕入れることができます。

ただし、一定量以上の大量購入が必要な場合が多いため、初期投資や在庫管理の観点から注意が必要です。

 

2.国内の仕入れ先②オンライン仕入れサイト     

オンラインの仕入れサイトは、物理的な場所に行くことなく商品を仕入れることができるため、時間と労力を節約できます。

 

また、広範囲の商品カテゴリーが用意されており、自宅から様々な商品を一度に比較して仕入れることができます。

例えば、スーパーデリバリー、ネッシー、ザッカネットなどがあります。

これらのサイトでは、一品からでも仕入れることができるため、低リスクで始められます。

 

 

3.海外の仕入れ先①アリババ      

アリババは、中国最大のB2B(ビジネスツービジネス)のオンライン市場で、世界中の数百万の製造業者と卸売業者が商品を販売しています。

 

様々なカテゴリーの商品が取り扱われており、大量購入することで一つあたりの単価を大幅に抑えることができます。

しかし、言語の壁や最低注文数量(MOQ)など、取引を行う上でのハードルが存在します。

また、製品の品質を確認するためにサンプルを要求するなど、慎重な取引が必要となります。

 

4.海外の仕入れ先②タオバオ      

タオバオは、中国最大のC2C(コンシューマー・ツー・コンシューマー)やB2C(ビジネスツー・コンシューマー)のオンライン市場で、個人や小規模な企業が商品を販売しています。

 

ここでは、消費者向けの製品を比較的少量から購入することができ、非常に広範囲の商品を見つけることができます。

ただし、全ての情報が中国語で提供されているため、中国語が理解できるか、信頼できる翻訳サービスを利用する必要があります。

 

そんな時は、輸入代行業者の利用が有効です。

特にタオバオのような市場では、取引相手の信頼性や商品の品質、発送の手続きなど、複数の課題が存在します。

輸入代行業者を通じて商品を仕入れることで、これらのリスクを軽減することができるのです。

 

海外からの仕入れは、商品の多様性や価格競争力を上げる良い手段ですが、各種課題に注意が必要です。

言語の壁、通関手続き、品質管理、配送時間などの問題を輸入代行業者に委ねることで、スムーズな海外仕入れを実現できるでしょう。

 

 

5.特別な仕入れ先①ガレージセール      

ガレージセールは、個人が自宅で不要な物を販売するイベントで、服、家具、家電、おもちゃ、本など様々な種類の商品が非常に安価に手に入る場所です。

 

これらの品物は中古品であるため、価格は一般的に新品よりも低く設定されています。

しかし、その分、品質にばらつきがあるため、商品のチェックと適切な価格判断が必要です。

また、ガレージセールで仕入れた商品はその特異性から一定のニッチな需要を見つけることができる可能性があります。

 

6.特別な仕入れ先②リサイクルショップ      

リサイクルショップもまた、中古品を中心に取り扱う場所です。

 

ガレージセールとは違い、商業的な運営の下で行われるため、品物の品質管理や価格設定が一定の基準に基づいています。

家具、家電、ブランド品、古着、音楽機器など幅広いジャンルの商品が揃っており、商品の選択肢が豊富です。

しかしながら、こちらも商品の品質チェックと適切な価格判断が重要となります。

 

いずれの場合も、売れ筋の商品を見つけ出し、その価値を正確に評価する能力が求められます。

 

このスキルは経験と知識によって養われるため、市場の動向を常にチェックし、価格の妥当性を判断するための知識を身につけることが重要です。

 

 

 

4.仕入れのコツ   

1.価格交渉の基礎  

価格交渉は仕入れのコストを抑えるための重要なスキルです。

 

まず、交渉する前に市場の価格を理解しておくことが重要です。

自分が払うべき適正な価格を知ることで、仕入れ先との交渉に自信を持つことができます。

 

また、相手が提示した価格に対してすぐに合意しないこと。

状況によっては、もっと低い価格を提案するか、追加の価値(例:配送費用の無料化、追加商品等)を要求できる可能性があります。

 

2.売れ筋商品の見極め方    

売れ筋商品を見極めるためには、市場の動向をリアルタイムで把握することが重要です。

 

販売プラットフォームの売上ランキングやレビュー、SNSのトレンドなどをチェックし、消費者のニーズや好みを把握しましょう。

さらに、季節性やイベント(例:クリスマス、バレンタインデー等)に合わせた商品選定も重要です。

 

3.リスク管理と損切りの重要性      

物販ビジネスはリスクを伴います。

 

商品が売れ残ったり、価格が下落したりする可能性があります。

リスクを管理するためには、商品の売れ行きや在庫状況を定期的に確認し、必要に応じて価格を調整したり、在庫を調節したりすることが重要です。

 

また、商品が思うように売れない場合、その商品に固執するのではなく、適切なタイミングで損切りをする勇気も必要です。

これにより、資金を他の有望な商品に振り向けることができます。

 

 

 

5.物販副業で成功するためのアドバイス   

 

物販副業

 

1.品質管理と顧客サービス     

商品の品質管理はビジネスの信頼性を確保するために重要です。

 

良い品質の商品を提供することで、リピート顧客を獲得し、口コミによる新規顧客の獲得も期待できます。

また、顧客からのフィードバックに対して迅速かつ適切に対応することで、高い顧客満足度を保つことができます。

 

2.マーケティング戦略:SNSSEO 

マーケティング戦略は、商品を売るための重要な要素です。

 

SNSを活用することで、製品の魅力を視覚的に伝え、ターゲットオーディエンスと直接コミュニケーションをとることができます。

また、SEO(検索エンジン最適化)を適切に利用することで、商品を検索エンジンで高い位置に表示させ、見込み客の流入を増やすことができます。

 

3.継続的な学びと自己投資     

物販ビジネスは常に変化しています。

 

市場の動向、消費者の嗜好、技術の進化など、新しい情報を常に学び続けることが重要です。

また、自己投資も大切です。

新しいスキルを習得したり、ビジネス関連の本を読んだり、セミナーや研修に参加したりすることで、ビジネスを成長させるための新しい知識やアイデアを得ることができます。

 

 

 

6.まとめ 

いかがでしたか?

 

物販副業は、初心者でも始めやすく、稼ぎやすいビジネスモデルの一つです。

 

ただし、成功を収めるためには、市場調査から商品の選択、仕入れ、販売プラットフォームの選定、そして価格交渉など、様々なステップを丁寧に行う必要があります。

計画的に進めて、自分のビジネスを確実に成長させましょう。

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

この記事は中国輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行が執筆しています。

中国仕入れのさくら代行:https://www.sakuradk2.com

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる