中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > ヘルプセンター > 2023年の物販トレンドとスマートな仕入れ戦略とは⁈デジタル化とサステナビリティを中心に詳しく解説

2023年の物販トレンドとスマートな仕入れ戦略とは⁈デジタル化とサステナビリティを中心に詳しく解説

物販業界は常にダイナミックに変化し続けており、新たなトレンドが次々と生まれています。

 

近年はテクノロジーの発展や持続可能性への意識の高まり、さらにはグローバルな経済環境の変化などが大きな影響を与えています。

これらの変化に対応しながら、顧客の求める商品を提供し続けることが、物販業界で成功を収めるための鍵となっています。

 

本記事では、現在の物販業界のトレンドとその未来予測について深く掘り下げていきます。

これらの情報を通じて、物販業界で成功を収めるための新たな視点やアイデアを得ることができれば幸いです。

 

トレンド

 

 

 

1.近年の物販トレンド:デジタル化とサステナビリティの影響

物販業界は極めて広範で、様々な種類の商品が取り扱われています。

これには、衣料品、電子機器、食品、家具、本、コスメティック、玩具などが含まれます。

 

物販業は、製品の製造元から消費者に至るまでのチェーン全体をカバーしています。

これには、製造、卸売、小売が含まれ、各々がその中にさらに細かなセクターを持っています。

 

さらに、製造や流通のグローバル化、消費者の行動と期待の変化、そしてテクノロジーの進歩など、さまざまな要因によって形成されています。

COVID-19のパンデミックは、オンラインショッピングの重要性を一層強調し、物販業界全体のデジタル化を加速させました。

 

また、競争が非常に激しい側面もあります。

製品の品質、価格、利便性、ブランドイメージ、顧客サービスなど、多くの要素が消費者の購買決定の要因となります。

 

近年は、デジタル化とサステナビリティの2つの重要なトレンドの影響を受けています。

デジタル化については、eコマースの普及、モバイルコマースの増加、そしてデータ駆動型のマーケティングが主な要素となります。

これらは消費者のショッピング体験を大きく変えています。

 

一方、サステナビリティは、物販業界にとって新たな重要な考慮事項となっています。

消費者は、製品が環境に優しく、公正な労働条件で生産されていることを求めており、企業はこれに対応するためにエコフレンドリーな製品の開発や倫理的な供給チェーンの確保に取り組んでいます。

 

また、循環型経済の考え方も注目されており、廃棄物の削減やリサイクルの推進が行われています。

これらのトレンドは、物販業界がどのように進化していくかを理解するための重要なポイントです。

 

 

 

2.人気商品とその市場分析    

(1)2023年のホットな商品とその理由

テレワーク関連商品

COVID-19パンデミックの影響で、在宅勤務やリモートワークが一般化しました。

これに伴い、高性能なパソコンやノートパソコン、高解像度ウェブカメラ、ノイズキャンセリングヘッドフォン、エルゴノミクスに優れたオフィス家具など、テレワークに必要な商品が高い需要を見せています。

 

ヘルスケア・ウェルネス商品

コロナウイルスの影響により、健康に対する意識が高まっています。

その結果、健康食品やサプリメント、フィットネス器具、ストレスリリーフ商品、睡眠補助商品などが人気です。

 

環境に優しい商品

サステナビリティに対する関心の高まりを反映して、環境に優しい商品、エコフレンドリーな素材で作られた衣料品、再利用可能な製品、プラスチックフリーの製品などが好まれています。

 

デジタルガジェット

便利さとエンターテイメントの価値が求められる中で、最新のスマートフォン、タブレット、ウェアラブルデバイス、VR/AR機器、AIアシスタントなどのデジタルガジェットも引き続き人気です。

 

(2).顧客の嗜好の変化とその背後にある要因

顧客の嗜好は様々な社会的要因から影響を受け、時期や状況によって変化します。

最近の嗜好の変化は、健康と安全への意識の高まり、テクノロジーの進歩、環境保全への意識の強化、そして新型コロナウイルスの影響による在宅生活の増加といった要素から大きく影響を受けています。

 

健康意識の高まりは、健康食品、フィットネス器具、自然由来のスキンケア製品、さらにはメンタルヘルスに関する製品やサービスへの需要を増加させています。

 

また、テクノロジーの影響は非常に広範で、スマート家電からウェアラブルデバイス、AR/VR技術を活用した製品、そしてAIを搭載した製品まで、日常生活のあらゆる面で顕著に見られます。

 

さらに、テクノロジーを活用したショッピング体験、例えばオンラインショッピングや非接触型の支払いへの需要も顕著に増えています。

 

さらに、環境保全への関心も消費行動に大きな影響を及ぼしています。

エコフレンドリーな製品、再利用可能な製品、有機栽培の食品、エシカルに製造された衣料品など、サステナビリティに対する配慮が反映された商品が好まれるようになりました。

 

また、新型コロナウイルスの影響により増加した在宅生活は、ホームエンターテイメント製品、家庭用フィットネス機器、家具やインテリア、ホームクッキング用品などの需要を高めています。

これらの全てが顧客の嗜好を形成し、市場の動向を左右する要因となっています。

 

これらの背景を踏まえて市場動向を理解し、具体的な商品やサービスに対する需要を探求することが重要です。

 

 

(3).各カテゴリ別の人気商品

衣料品:エコフレンドリーな素材で作られた衣料品、オーガニックコットンの衣類

 

食品:健康食品、有機野菜、スーパーフード、フリーズドライ食品、オーガニック食品

 

家具:ホームオフィス用の家具、コンパクトで多機能な家具、DIYキット

 

電子機器:ノイズキャンセリングヘッドフォン、高性能なパソコンやタブレット、スマートホームデバイス

 

美容・健康製品:ナチュラル成分のスキンケア製品、健康とウェルネス向けのサプリメント、パーソナライズされたスキンケア製品

 

 

 

 

3.トレンドを捉えるための市場調査の重要性   

市場調査は、現在の消費者の行動と嗜好、そして将来のトレンドを把握するために不可欠です。

 

日本市場は独自の文化と消費者の行動パターンを持つため、国内外の企業にとって理解が難しいとされています。

市場調査はパターンと嗜好を理解し、新しい製品やサービスが受け入れられる可能性を評価するための基礎となります。

さらに、競争分析、新製品開発、価格設定、マーケティング戦略など、ビジネス決定の各段階で重要な役割を果たします。

 

(1).効果的な市場調査の手法

市場調査は、様々な方法で行うことができます。

最も一般的な方法の一つは、消費者調査です。

 

これは、オンラインアンケート、電話インタビュー、フォーカスグループなどの形で行われます。

また、セールスデータの分析や、ソーシャルメディアやウェブサイトのトラフィックのモニタリングも有効な市場調査の手法となります。

さらに、競合他社の活動の観察や、業界の専門家からの意見を集めることも重要な一部です。

 

(2).データ駆動型の意思決定とその利点

データ駆動型の意思決定は、具体的なデータと情報に基づいて意思決定を行うということを意味します。

 

これにより、ビジネスは無駄な投資を避け、より効果的な戦略を立てることができることが利点です。

また、データは時間と共にトレンドを特定し、予測を行うための重要な情報源となります。

これは、市場の変化に対応し、新たなビジネスチャンスを見つけ出すためにとても重要です。

 

 

 

4.賢い仕入れ戦略

(1).仕入れ先の選定: ローカルvsグローバル

仕入れ先を選定する際には、ローカル(国内)とグローバル(国外)の供給元のどちらを選ぶかが一つの大きな問題となります。

どちらを選ぶかは、ビジネスの種類、製品、戦略によって異なります。

 

ローカルの仕入れ先

ローカルの供給元から仕入れる利点はいくつかあります。

まず、地元の供給元から購入することで、製品の品質を直接確認することが可能であり、納期も短くすることができます。

 

また、地元の産業を支援するという社会的側面や、サプライチェーンの透明性を確保するという点でもメリットがあります。

物流コストや関税の問題を避けることができます。

 

グローバルな仕入れ先

一方、グローバルな供給元からの仕入れも多くの利点があります。

 

多様な商品や原材料の選択肢があり、場合によっては低コストで高品質な製品を手に入れることができます。

また、為替レートの利益を享受できるのも嬉しいですね。

しかし、長い配送時間、関税、品質管理の問題など、考慮すべきリスクも存在します。

 

どちらを選ぶべきかは、製品の種類、必要な量、利益マージン、ビジネスの目標など、さまざまな要因を考慮して決定すべきです。

 

また、両方の供給元を組み合わせるという戦略もあります。

これは、リスクを分散し、製品の多様性を確保するための一つの方法となります。

 

2().原価削減のためのヒント

大量購入

一度に大量に商品を購入することで、単位あたりのコストを下げることができます。

ただし、大量購入は資金の拘束や在庫管理の困難さといったリスクもありますので、需要予測とのバランスを考慮すべきでしょう。

 

長期契約

供給元と長期的な契約を結ぶことで、商品価格の交渉や安定した供給を保証することができます。

 

競争入札

複数の供給元から見積もりを取り寄せ、競争的な環境を作り出すことで、より良い条件を引き出すことができます。

 

製品の簡素化

製品の設計や機能を見直し、コストを削減しつつ必要な品質を維持する方法もあります。

 

 

(3).環境に優しい仕入れ方法

 

トレンド

    

まず、エコフレンドリーな供給元を選ぶことが重要です。

供給元が環境に配慮した製造方法を使用しているか、省エネルギーやリサイクル可能な材料の使用、廃棄物の最小化などが行われているかを確認しましょう。

 

フェアトレード製品の取り扱いも重要です。

フェアトレード製品は、生産者が公正な賃金を受け取り、適切な労働条件の下で働いていることを保証する製品です。

 

また、地元の供給元から商品を仕入れることも一つの方法となります。

これにより、長距離輸送による炭酸ガス排出を減らすことができます。

 

そして、可能な限りリサイクル素材を使用することも有効です。

これにより、新たな素材の生産による環境への負荷を抑えることが可能となります。

 

これらの方法は、企業が社会的責任を果たすだけでなく、消費者からの信頼と支持を得るための重要な手段となります。

 

 

 

 

5.デジタル化が進む物販業界

(1)e-コマースの成長とその影響

インターネットの普及とともに、e-コマースは大きな成長を遂げ、物販業界に大きな変化をもたらしました。

 

消費者は商品を比較しやすく、購入する際の手間を省くことができ、販売側も実店舗を持つことなく幅広い顧客にアクセスできます。

この結果、消費者と販売者の間の物理的な距離が関係なくなり、国境を越えた取引も容易になりました。

 

しかし、それは同時に競争が激化し、顧客の取り込みやリピート購入を図るためには、高品質な商品、適切な価格設定、迅速な配送、優れたカスタマーサービスが求められるようになったことも意味します。

 

(2).ソーシャルメディアと物販:SNSマーケティング

ソーシャルメディアの台頭は、ブランドと消費者との間のコミュニケーションの方法を一変させました。

 

インフルエンサーマーケティングやユーザー生成コンテンツといった新たなマーケティング手法が登場し、商品やブランドのプロモーション方法が多様化しました。

また、FacebookInstagramのようなソーシャルメディアが物販の新たなチャネルとなっています。

 

これにより、消費者は自分が興味を持った商品を、すぐに購入できるようになりました。

 

(3).モバイルコマースの台頭

スマートフォンの普及に伴い、モバイルコマース(m-commerce)が大きな成長を見せています。

 

消費者はどこからでも商品を閲覧し、購入することができます。

これは、消費者の購買行動を大きく変えており、企業にとっては、モバイル最適化されたウェブサイトやアプリを開発することが重要となっています。

 

また、モバイルペイメントの普及により、消費者はより簡単に安全な取引を行うことができ、これが更なるm-commerceの成長を後押ししています。

 

 

 

6.データを利用した在庫管理

(1).需要予測の精度向上に向けたアプローチ

在庫管理の基本的な目標は、適切な商品を適切な時間に適切な量確保することです。

これを達成するためには、将来の需要を正確に予測することが必要です。

 

過去の販売データ、季節性、トレンド、経済的な指標などを考慮に入れた予測モデルを作成することで、需要予測の精度を向上させることができます。

このようなアプローチは、在庫切れや在庫過剰といった問題を減らし、販売機会の損失を防ぎ、収益性を向上させることができます。

 

(2)AIと機械学習の物販への適用 

AIと機械学習は、物販業界における在庫管理の革新的な解決策を提供しています。

大量のデータを処理し、複雑なパターンを識別する能力を利用して、AIは需要予測の精度を大幅に向上させることができます。

機械学習アルゴリズムは、過去のデータから学習し、将来のパターンを予測することができます。

 

また、AIはリアルタイムでデータを分析し、急速に変化する市場状況に対応するための迅速な決定を可能にします。

これにより、企業は最適な在庫レベルを維持し、顧客満足度を高め、業績を改善することができます。

 

 

 

7.物販業界の未来予測

 

トレンド

 

(1).新たなテクノロジーと物販の融合

物販業界は新たなテクノロジーの恩恵を受ける領域の一つであり、特にAR/VR(拡張現実/仮想現実)やブロックチェーンのような技術は物販体験を一新する可能性を秘めています。

AR/VRは、顧客が商品を試す、店舗をバーチャルで訪れる、製品の3Dモデルを視覚的に探るといった新たなショッピング体験を提供できます。

 

また、ブロックチェーンは透明性とセキュリティを強化し、顧客に信頼性のある購入体験を提供します。

ブロックチェーンを使用すれば、商品の起源や製造プロセスを追跡し、消費者にその情報を提供することが可能となります。

 

(2).サステナブルな物販ビジネスの将来性

環境問題に対する関心の高まりと共に、サステナブルな物販ビジネスはますます注目を集めるようになっています。

消費者は商品の品質だけでなく、その製造プロセスが環境に与える影響にも関心を持つようになり、製品のライフサイクル全体を通じて環境に配慮した企業を支持する傾向が強まっています。

 

これにより、サステナブルな素材の使用、エコフレンドリーな製造プロセス、リサイクル可能なパッケージングなど、サステナビリティを取り入れたビジネスモデルが求められるようになります。

 

物販業界はこれらの動向に適応し、新たなテクノロジーを導入し、サステナビリティを中心に据えることで、競争力を維持し、成長を続けることが可能です。

また、これらの動向は、消費者がより良いショッピング体験と、地球に配慮した製品を求めるという、現代の需要に対応するための重要な道具となります。

 

 

 

8.物販業界の成功への鍵

(1).顧客ニーズの理解と適応

物販業界において最も重要なことは、顧客のニーズと期待を理解し、それに応じて商品やサービスを提供することです。

消費者の行動はトレンドや社会的な変化に大きく影響を受けますので、常に変化に対応することが求められます。

 

例えば、環境意識の高まりからサステナブルな商品への需要が増えたり、新型コロナウイルスの影響でオンラインショッピングの需要が急増したりといった具体的な変化があります。

これらの変化を先取りするためには、定期的な市場調査やデータ分析が不可欠です。

 

 

(2).テクノロジーの活用とイノベーションの追求

デジタル化の進展により、テクノロジーの活用は物販業界における成功の鍵となります。

例えば、e-コマースのプラットフォームを利用したオンライン販売、SNSを用いたマーケティング、AIや機械学習を活用した在庫管理や顧客行動予測などが可能となります。

 

また、新たな技術の導入、例えばAR/VRを用いたバーチャルな商品体験の提供や、ブロックチェーンを利用した透明性の確保といったイノベーションの追求も重要となります。

これらは顧客体験の向上と効率性の向上を同時に達成することができます。

 

これらの要素を踏まえた上で、企業は自社の強みを活かし、適切な戦略を立てて実行することが求められます。

最終的には、顧客のニーズを満たすために最善の努力を続け、常に進化する市場環境に対応する柔軟性を持つことが、物販業界における成功への鍵となるでしょう。

 

 

 

9.まとめ

いかがでしたか?

物販業界の未来は、テクノロジーの進化、環境への配慮、そして何より顧客の期待と要求への迅速な対応が必要とされることを念頭に置きながら、適応と革新の両方を進めていく必要があります。

これからも物販業界のトレンドや新しいテクノロジーの活用について学び、その知識を活かして成功へと導くよう、日々の努力を惜しまないことをお勧めします。

 

この業界は常に変化し続けています。

それに対応し、それを利用してビジネスを成長させるためには、絶えず学び続けることが必要です。

 

最後に、成功への道は決して平易ではなく、困難な場面もあるかもしれませんが、そのすべてが貴重な経験となり、最終的な成功へと導いてくれることでしょう。

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

この記事は中国輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行が執筆しています。

中国仕入れのさくら代行:https://www.sakuradk2.com

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

 

 

 

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる