中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > ヘルプセンター > アリババでの仕入れも⁈一歩一歩学ぶネット販売!初心者が知るべき成功の秘訣

アリババでの仕入れも⁈一歩一歩学ぶネット販売!初心者が知るべき成功の秘訣

ネット販売が日常的になり、誰でも手軽に自分のビジネスを始めることができるようになりました。

 

しかし、初めてネットショップを開業するというのは、たとえ有望なチャンスであっても、大きな挑戦です。

そこで、この記事では、初心者がネットショップ開業までにやるべきことについて具体的に解説します。

 

ネット販売

 

 

目 次

 

 

 

 

 

1.ネット販売と実店舗の違い 

 

 

(1).営業時間と商業圏の比較 

実店舗とネット販売は、営業時間と商業圏、つまりサービスを提供する地域の広さにおいて大きな違いがあります。

 

まず、営業時間についてです。

実店舗は一般的に定められた営業時間内でしかサービスを提供できません。

これは人員配置や地域の営業時間規制などによるものです。

 

一方、ネット販売ではウェブサイトは24時間365日稼働しています。

したがって、顧客はいつでも商品を閲覧し、購入することができます。

 

次に、商業圏についてです。

実店舗の顧客範囲は基本的にその物理的な立地に依存します。

逆に、ネット販売はインターネット接続があれば全国、場合によっては全世界から顧客を獲得することができます。

これは、商品の販売を地理的な制約から解放し、広い範囲の顧客にリーチすることができるということです。

 

(2).接客サービスの差 

中実店舗とネット販売では、接客サービスにも大きな違いがあります。

 

実店舗では、直接顧客と対話することができ、顧客のニーズや反応を直接観察できます。

また、商品の見た目や手触りなどを実際に顧客に体験させることができ、購入を決定する重要な要素を伝えられます。

 

一方、ネット販売では、顧客との対話は主にオンラインチャットやEメールによるもので、実店舗のような直接的な人間の対話はありません。

そのため、商品の詳細な説明や写真、レビュー、Q&Aなどを用意することで、顧客が購入を決定するのに必要な情報を提示する必要があります。

 

また、AIを活用したチャットボットを使用して、顧客の問い合わせに即時に対応することも可能です。

しかし、ネット販売では顧客の購入データや行動データを収集し、パーソナライズされた推奨品やサービスを提供するなど、顧客との個別化された関係を築けます。

これは、実店舗ではなかなか実現しきれない利点といえるでしょう。

 

 

 

2.ネットショップ開業に向けた計画 

 

ネット販売

 

(1).ビジネスコンセプトの設定 

ネットショップ開業に際して、最初に設定するべきはビジネスコンセプトです。

 

これは、あなたがどのような商品を誰に対して、どのように提供するのかという基本的な戦略を明確にするものです。

ここで重要なのは、自分のショップが他のショップと何が違うのか、自分のショップの「独自性」を明確にすることです。

これは商品選び、価格設定、マーケティング戦略など、ビジネスのすべての側面に影響を与えます。

 

また、ターゲット顧客を明確に定義し、その顧客が何を求めているのか、どのように購入するのか理解することも重要です。

これは商品選定、価格設定、プロモーション方法、ウェブサイトのデザインなど、すべての意思決定をガイドするものとなります。

 

 

(2).必要な初期費用と許認可申請 

ネットショップの開業には初期費用が必要です。

主な初期費用としては以下のようなものが考えられます。

 

・ウェブサイトの設計と開発費用

・ドメイン名とホスティングサービスの費用

・在庫購入費用

・パッケージングと配送資材の費用

・マーケティング費用(広告費、SEO対策費用など)

・ビジネス許可申請費用(必要に応じて)

 

さらに、事業を始めるにあたっては法律上の要件を満たすために必要な許認可申請があります。

ネットショップの場合、特に商品の種類によっては食品衛生法や薬事法など、特定の業種に対する許認可が必要となる場合があります。

また、プライバシーポリシーの作成やSSL証明書の取得など、ユーザーの個人情報保護に関連する法律要件も考慮しなければなりません。

 

 

 

 

3.商品の選定と仕入れ 

 

 

(1).アリババでの仕入れ 

アリババは、世界中の製造業者や卸売業者と直接取引を行うことができるB2B取引プラットフォームの一つです。

大量の商品をコストを抑えて購入することができます。

 

しかし、言語の問題、品質のバラつき、偽造品のリスク、配送問題などに注意が必要です。

ここで、輸入代行業者が役立ちます。

輸入代行業者は、言語の問題を解消し、購入手続き、品質チェック、配送手続きなどを行うことで、安心して海外から商品を仕入れることができます。

 

(2).展示会やメーカーからの仕入れ 

展示会は、新しい商品を見つけ、製造業者や卸売業者と直接会うことができ、商品の質を直接確認する絶好の機会です。

 

また、メーカーから直接仕入れることで、中間業者を介さずにコストを抑えることができます。

ただし、ここでも輸入代行業者の存在は重要で、特に海外のメーカーと取引する際には、輸入代行業者を通じて語学の問題を解消し、取引を円滑に進めることができます。

 

(3).海外メーカーにOEM生産依頼

海外メーカーによるOEM生産仕入れはコストを抑えることができますが、通関手続き、品質管理、配送遅延などの問題に直面する可能性があります。

また、言語の問題や文化の違いも考慮に入れる必要があります。

 

これらの問題を解決するために、輸入代行業者を利用することが一つの解決策となります。

彼らは、通関手続きを代行したり、商品の品質をチェックしたりして、あなたが安心して海外から商品を輸入できるようにサポートします。

 

 

 

 

 

4.ネットショップの設立 

 

 

(1).出店先としてのECモールの選択 

ネットショップを開業する際には、自社サイトを作るか、既存のECモールに出店するかを決める必要があります。

 

自社サイトは自由度が高い反面、集客やシステムの構築にはコストがかかります。

一方、ECモールは利用者が多く、集客しやすい反面、手数料が発生したり、競争が激しい場合があります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、BASE、STORES.jpなど、各ECモールの料金体系やサービス内容をよく比較し、自身の商品やターゲットに合った出店先を選びましょう。

 

(2).特定商取引法に基づく表記の作成 

ネットショップを運営するにあたっては、特定商取引法に基づく表記が必要です。

 

これには、販売者の氏名や住所、商品の価格、送料、返品に関する情報などが含まれます。

これらの情報は消費者が商品を購入する際の重要な判断材料となりますので、適切に表示することが求められます。

 

(3).開業届の提出 

ネットショップを開業するにあたっては、所在地を管轄する税務署に対し、開業届を提出する必要があります。

開業届は、個人事業主であれば開業日の1ヶ月以内、法人であれば設立の届出をした日から2週間以内に提出します。

これにより、税務署は事業を正式に認知し、税金の管理が行われます。提出忘れがないように注意しましょう。

 

 

 

 

5.ネット販売のメリットとデメリット 

 

 

(1).メリット

・時間と地域の制約がない

ネット販売は24時間365日行え、地理的な制約もありません。消費者はいつでもどこからでも商品を購入することができます。

 

・広範な顧客リーチ

ネット販売をすることで、自店舗が物理的に存在しない地域に住む顧客にも商品を提供することができます。

国内だけでなく海外の顧客にも販売することが可能です。

 

・コスト削減

物理的な店舗を構える必要がないため、家賃や人件費などの経費を削減することができます。

 

・データ分析の容易さ

オンラインでの販売なら、ユーザーの行動や購買データを詳細に追跡・分析することができ、マーケティング戦略の改善に役立てることができます。

 

 

(2).デメリット

・競争の激しさ

インターネット上では、同じような商品やサービスを提供する企業との競争が激しくなります。

特に大手ECサイトでは、数多くの企業が商品を出品しているため、差別化が難しくなる可能性があります。

 

・信頼性の獲得

実店舗に比べて、オンライン上の店舗は顧客にとって物理的な存在感がありません。

そのため、信頼性を確立するためには、高品質な商品やサービスを提供し、良好な顧客対応を維持することが重要です。

 

・システムのトラブル

サイトのダウンやシステムの不具合が発生した場合、売上に直接影響を及ぼす可能性があります。

また、セキュリティ対策も重要となり、顧客の個人情報を保護する責任があります。

 

・返品やクレーム対応

実店舗では顧客が商品を直接見て購入しますが、オンラインショップでは商品の実物を見ることができません。

そのため、商品が想像と異なる場合や、配送の問題が発生した場合など、返品やクレームが増える可能性があります。

これに対応する体制を整えることが必要です。

 

 

 

 

6.ネットショップ運営の成功事例 

 

ネット販売

 

(1).アリババを活用した成功事例 

アリババは中国の大手電子商取引企業で、世界中の製造業者と取引を行うことができます。

 

しかし、全てを自分で行うと言語の問題や輸出入の手続きなど、様々な課題があります。

そこで輸入代行業者を活用する企業が増えています。

 

一つの具体的な成功事例としては、既存の商品を改良するためにアリババで仕入れ先工場を見つけた企業があります。

その企業は、アリババを通じて複数のサプライヤーと接触し、自社のニーズに最も適した製造業者を見つけることができました。

その結果、製品の品質を向上させ、顧客満足度を高め、最終的に売上の大幅な増加につながりました。

 

また、輸入代行業者を通じて、製品の品質検査、配送手続き、関税処理など、複雑な輸入プロセスをスムーズに行うことができました。

輸入代行業者が現地との交渉やコミュニケーションをサポートすることで、ビジネスの効率化とリスク軽減が可能になりました。

 

 

(2).メーカー直接仕入れによる成功事例 

メーカー直接の仕入れは、中間マージンを排除することができるため、コスト削減や価格競争力の確保に有利です。

 

たとえば、特定の家具ブランドの商品を専門に取り扱うネットショップがあります。

彼らは直接メーカーと契約を結び、独自の商品ラインナップを作り上げました。

これにより、他のショップでは手に入らない特別な商品を提供することができ、そのニッチな市場で成功を収めました。

また、直接仕入れを行うことで、商品の品質管理にも自信を持つことができ、顧客に対する信頼性を高めました。

 

一方、メーカー直接の仕入れでは、商品の品質を保証するために製造現場を直接見ることが重要ですが、そのためには時間やコストがかかります。

この問題を解決したのが、輸入代行業者を用いた方法です。

代行業者は現地のメーカーと直接交渉し、製品の品質を確認するための訪問なども代行してくれます。

その結果、高品質な商品を安定して仕入れることが可能となり、ネットショップの成功につながりました。

 

 

 

 

7.ネット販売開業  

 

 

(1).開業前チェックリスト  

ネット販売の開業前には以下の点をチェックリストとして確認しておくと良いでしょう。

 

✔️ビジネスプランの作成

ビジネスの方向性や目標、販売する商品、ターゲット顧客、販売価格等を具体的に記載します。

 

✔️初期費用の計画

開業に必要な費用を見積もり、適切な資金調達を計画します。

 

✔️仕入れ先の確保

商品の質や価格、納期などを確認し、信頼できるサプライヤーを見つけます。

 

✔️ECモール選択

自身のビジネスニーズに合ったプラットフォームを選びます。

それぞれのECモールには料金や利便性、カスタマーサービスなどに違いがあります。

 

✔️特定商取引法に基づく表記の作成

適切な表記を確認し、顧客に対して必要な情報を提供します。

 

✔️開業届の提出

所轄の役所に開業届を提出します。

 

 

(2).開業後の継続的な学びと改善  

ネット販売を開業した後も、ビジネスは常に成長と改善を求められます。

以下の点を継続的に学び、改善することが重要です。

 

・マーケット分析

市場のトレンドや競合状況を定期的に分析し、自社のポジショニングや商品ラインナップを見直します。

 

・カスタマーフィードバックの収集と反映

顧客の声を聞き、商品やサービスの改善に役立てます。

また、クレーム対応も重要な学びの機会です。

 

・在庫管理とロジスティクスの改善

在庫を効率的に管理し、商品の発送をスムーズに行うためのシステムを見直します。

 

・マーケティング戦略の見直し

広告のパフォーマンスを分析し、より効果的なマーケティング戦略を考えます。

 

・新商品の導入

新たな需要を掘り起こすため、新商品の導入を検討します

 

 

 

 

8.まとめ

 

いかがでしたか?

以上がネット販売開業に至るまでの主要なステップとなります。

ネット販売は、実店舗に比べて開業までのハードルが低く、自宅からでも事業を始めることが可能です。

しかし、成功するためには計画的なアプローチと継続的な改善が必要です

 

始めることは大変かもしれませんが、一歩一歩進むことで、あなた自身のビジネスを創造し、成長させることができます。

チャンスを掴むために、今すぐ始めてみましょう!

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

この記事は中国輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行が執筆しています。

中国仕入れのさくら代行:https://www.sakuradk2.com

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

 

 

 

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる