中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > ヘルプセンター > アリババ仕入れに活かせる!FOBやCIFといった取引条件と活用方法とは⁈

アリババ仕入れに活かせる!FOBやCIFといった取引条件と活用方法とは⁈

国際ビジネスにおける成功の鍵は、自分が何を取引しているのかだけでなく、どのように取引するかを理解することにあります。

特に輸入ビジネスでは、商品の流れを正確に把握することが求められます。

 

その流れを左右するものの一つが、「取引条件」です。

この記事では、まず輸入ビジネスとは何か、そしてFOB、CIF、CFR、EXWといった基本的な取引条件が何を意味し、どのように利用されるのかをわかりやすく解説します。

 

 

取引条件

 

 

目 次

 

 

 

 

 

1.はじめに:輸入ビジネスとは何か?

 

 

 輸入ビジネスとは、一国から別の国へ商品やサービスを購入し、自国で販売するビジネスを指します。

 

これは、製品の製造コストが低い国から製品を購入し、製造コストが高い国で販売することにより利益を得ることを意味します。

このビジネスモデルは、一般的には商品の物理的な輸入に焦点を当てていますが、デジタル製品やサービスの輸入にも適用されます。

 

輸入ビジネスを行う際には、多くの要素を理解しておく必要があります。

これには、商品の購入、輸送、通関、そして最終的な販売に至るまでのプロセスが含まれます。

 

それぞれのステップはそれぞれ異なる規制、費用、そしてリスクを含んでおり、ビジネスオーナーがこれらを適切に管理する能力が、成功するかどうかを決定します。

 

そして、これらのプロセスを円滑に進めるためには「取引条件」の理解が不可欠です。

取引条件とは、買い手と売り手が商品の所有権やリスクの移転点、輸送費や保険費用の負担について合意する際の基準となるルールです。

 

取引条件は国際商業会議所(ICC)によって定められたインコタームズ(国際商取引ルール)として標準化されており、国際的な商品取引において広く利用されています。

 

例として、FOB(Free On Board)、CIF(Cost, Insurance and Freight)、CFR(Cost and Freight)、EXW(Ex Works)といった取引条件があります。

これらの取引条件は、商品の所有権移転時点、運送費・保険料の負担割合、リスクの所在など、取引の条件を明確にします。

 

このように、輸入ビジネスを成功させるためには、商品やサービス、目的地の市場、そして取引条件の理解が必要となります。

取引条件を理解し適切に選択することで、ビジネスのリスクを管理し、効率的な取引をすることができるのです。

 

 

 

2.基本的な取引条件     



(1).FOB(Free On Board)とは     

FOBは、売り手が商品を指定の出荷港まで運び、船積みする費用を負担する取引条件です。

 

また、売り手は、商品が船上に積み込まれた時点で所有権とリスクが買い手に移転することを確認します。

これは、商品が船から落ちて失われたり、輸送中に損傷した場合、それが買い手の責任であることを意味します。

 

FOBは主に海上輸送で用いられる取引条件であり、買い手が輸送ルートや輸送業者を選びたい場合に適しています。

 

(2).CIF(Cost, Insurance and Freight)とは    

CIFは、売り手が商品のコスト、保険、運送費用を負担する取引条件です。

 

具体的には、売り手は商品を自国の港まで運ぶ費用と、目的地までの運送費用、そしてその商品の保険料を支払います。

所有権とリスクは、商品が出荷港の船上に積み込まれた時点で買い手に移転します。

 

つまり、売り手は商品が自国の港から出荷され、買い手の国の港に到着するまでのリスク(商品の損失や損傷)を保険でカバーします。

CIFは、買い手がリスクを最小限に抑えたい場合、または海外の輸送や保険手続きに不慣れな場合に適しています。

 

(3).CFR(Cost and Freight)とは      

CFRは、売り手が商品のコストと目的地までの運送費用を負担する取引条件です。

 

商品の所有権とリスクは、商品が出荷港の船上に積み込まれた時点で買い手に移転します。

この場合、売り手は保険料を負担しないため、保険は買い手の責任となります。

 

したがって、商品が運送中に損失や損害が発生した場合、そのリスクは買い手が負担します。

CFRは主に海上輸送で使用され、買い手が自身で保険を手配したい場合や保険コストを抑えたい場合に適しています。

 

(4).EXW(Ex Works)とは      

EXWは、売り手が商品を自身の工場や倉庫で買い手に引き渡す取引条件です。

 

これは、商品の所有権とリスクが売り手の工場や倉庫で商品を引き取った時点で買い手に移転します。

EXWでは、商品の運送費用とリスク、通関手続きなどは全て買い手の責任となります。

 

この条件は、買い手が輸送ルートや業者を自由に選択でき、輸送コストを最小限に抑えたい場合、または特定の運送業者との契約がある場合に有利です。

しかし、輸送や通関手続きについて十分な知識と経験が必要となるため、注意が必要です。

 

 

 

3.中国輸入ビジネスの流れ    



(1).商品とサプライヤーの選択     

まず最初に、輸入したい商品と、その商品を供給する信頼できるサプライヤーを選びます。

 

この選択は、市場調査、業界動向の理解、競合分析などに基づいて行います。

サプライヤーを選ぶ際には、その品質管理、生産能力、過去の取引記録、評価などを調査します。

アリババなどのB2Bマーケットプレイスを活用すると、幅広い種類のサプライヤーから選択することができます。

 

(2).取引条件の設定    

商品とサプライヤーが決まったら、次に取引条件を設定します。

 

ここでいう取引条件とは、支払い方法、価格、納期、送料、保険、リスク負担など、取引の具体的な詳細を定めるものです。

インコタームズ(国際商取引ルール)の知識があると、このステップをスムーズに進めることができます。

具体的な取引条件は、商品の種類、数量、価格、輸送手段などにより異なります。

 

(3).商品の輸入     

取引条件が設定され、契約が結ばれたら、商品の輸入プロセスが始まります。

 

このプロセスには、商品の製造・検査、輸送、通関、そして最終的な配送が含まれます。

各ステップで必要な書類を整え、関税やVAT(付加価値税)を支払います。

また、商品が輸入規制に引っかからないようにするための各種認証や検査にも注意が必要です。

 

これらのプロセスは複雑であり、具体的な手続きは商品の種類や取引条件、そして輸入国の法律により異なります。

適切な知識と経験、そして信頼できるパートナー、例えば輸入代行業者がいると、中国からの輸入ビジネスをスムーズに進めることができます。

 

 

 

4.アリババでの仕入れ方法 



(1).アリババの利用メリット 

アリババは、世界最大のB2B(ビジネス間取引)マーケットプレイスの一つであり、多種多様な商品とサプライヤーを見つけることができます。これにより、ビジネスオーナーやバイヤーは、自分のニーズに最も適した商品を、最も適した価格で見つけられるのです。また、アリババは、ユーザー間の取引をサポートするための各種ツールやサービス(例えば、取引保証サービスやサプライヤー評価システム)があります。これにより、取引の安全性や透明性を高め、リスクを軽減することができます。

 

(2).アリババでの取引条件設定:FOB、CIF、CFR、EXWの活用例

アリババで商品を仕入れる際に適用する取引条件の具体的な設定例を紹介します。

実際には、商品の種類、輸送方法、取引の規模などにより異なる可能性があります。

 

例1: FOB(Free On Board)の設定

アリババで中国の工場から自転車を購入しました。

選んだ取引条件はFOBです。

 

これにより、売り手は自転車を中国の出荷港まで運び、船に積み込むまでの責任を負います。

所有権とリスクは、商品が船上に積み込まれた時点で購入者に移転します。

 

例2: CIF(Cost, Insurance and Freight)の設定

アリババで中国のサプライヤーから電子部品を購入しました。

取引条件はCIFを選びました。

 

これにより、売り手は商品の価格、保険、運送費を負担します。

所有権とリスクは、商品が出荷港の船上に積み込まれた瞬間に購入者に移転します。

 

例3: EXW(Ex Works)の設定

アリババで中国のサプライヤーから家具を購入しました。

取引条件はEXWを選びました。

 

これにより、売り手は商品を自身の工場や倉庫で購入者に受け渡します。

商品の所有権とリスクは、購入者が商品を引き取った瞬間に移転します。

 

 

 

以上の例では、それぞれの取引条件により、商品の所有権の移転やリスク、費用負担が変わります。

 

このようにアリババでの取引条件の設定は、商品の種類、価格、輸送方法、ビジネスのニーズなどにより異なる可能性があるため、適切な選択と調整が重要です。

 

 

 

5.取引条件を活用したビジネス成功へ

 

取引条件

 

取引条件を活用することで、輸入ビジネスはさらに成長し、成功に繋がります。

以下にその具体的な方法を示します。

 

リスク管理の強化

適切な取引条件の選択と設定は、買い手と売り手の間のリスクを適切に分散し、管理します。

これにより、予期しない出費や損失リスクを軽減し、ビジネスの安定性を高めます。

 

コスト効率の向上

取引条件は、商品の所有権移転、輸送費、保険等の責任を明確にし、それによって生じるコストを適切に分配します。

これにより、予期せぬコスト増を避け、事業のコスト効率を向上させることができます。

 

効率的な供給チェーン管理

取引条件を明確にすることで、商品の移動(出荷から到着まで)を追跡しやすくなり、より効率的な供給チェーン管理を可能にします。

 

取引関係の信頼性向上

取引条件は、取引の一部として書面化され、両当事者間で明確に認識されます。

これは、買い手と売り手間の信頼関係を築き、長期的なビジネス関係を形成する上で重要です。

 

競争力の強化

適切な取引条件を設定し、それによる効率とコストの改善は、ビジネスの競争力を高め、市場での地位を強化します。

 

 

 

6.付録:輸入ビジネスに役立つリソースとツール一覧     

 

・アリババ

世界最大のB2B取引プラットフォームで、商品の仕入れに便利です。多くのサプライヤーが集まり、様々な商品を比較・選択することができます。

 

・インコタームズ2020

国際商業会議所(ICC)により提供される、国際取引の標準取引条件。

FOB、CIF、CFR、EXWなどの取引条件を理解し、適切に活用するために役立ちます。

 

・HSコード検索ツール

商品の分類や税率を決定するための国際標準コードであるHSコードを検索するためのツール。

関税計算や商品分類に必要です。

 

・通関業者

商品の通関手続きを代行する業者。

通関手続きは複雑で専門知識を必要とするため、専門家に委託することが推奨されます。

 

・為替レート変換ツール

外国通貨と自国通貨との為替レートを確認し、変換するためのツール。

費用計算や価格設定に必要です。

 

・国際ロジスティクス会社

商品の輸送を担当する会社。

DHL、FedEx、UPSなどが有名です。

 

輸送方法(船便、航空便、急便など)や輸送コスト、輸送時間等を比較・選択することができます。

 

以上のリソースとツールを活用し、輸入ビジネスを成功に導くための準備と計画を進めていきましょう。

 

 

 

7.まとめ 

 

取引条件

 

いかがでしたか?

この記事では、中国からの輸入ビジネスを始めるための基本的な知識と取引条件について詳しく解説しました。

 

基本的な取引条件がどのような意味を持ち、それぞれの特徴と活用方法について理解することは、国際ビジネスを進める上で非常に重要です。

 

取引条件の理解と活用は一見複雑に感じるかもしれませんが、それが国際ビジネスの成功へと繋がる重要なステップとなります。

一歩ずつ着実に進めていきましょう。

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、アリババ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

この記事は中国輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行が執筆しています。

中国仕入れのさくら代行:https://www.sakuradk2.com

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

 

 

 

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる