中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > ヘルプセンター > タオバオ仕入れで無在庫販売ができる⁈新たなビジネスモデルの可能性と成功の秘訣

タオバオ仕入れで無在庫販売ができる⁈新たなビジネスモデルの可能性と成功の秘訣

EC(電子商取引)の発展に伴い、商品の販売方法も多様化しています。

 

その中で注目を集めているのが、「無在庫販売」というビジネスモデルです。

これは、商品の在庫を自社で保有せず、注文が入った際に初めて仕入れを行うという新たなアプローチを採用しています。

 

無在庫販売は多くのメリットがありますが、一方で少なからずデメリットもあります。

これらの情報を総合的に理解することで、無在庫販売があなたのビジネスにとって適した選択肢であるかを判断するための一助となることを願っています。

 

 

無在庫販売

 

 

目 次

 

 

 

 

 

1.無在庫販売とは ?

 

(1).定義と原理 

無在庫販売は、オンラインストアが商品を自身で在庫に持たずに販売を行うビジネスモデルを指します。

 

具体的には、消費者が商品を購入すると、販売者は注文情報は仕入れ元(サプライヤーやメーカー)に送ります。

そして仕入れ元が商品を消費者に直接発送します。

 

このビジネスモデルでは、「アリババ仕入れ」が一つの方法として取り上げられます。

アリババは、多数のサプライヤーと取引が可能な大規模なB2B(ビジネス・ツー・ビジネス)市場であり、仕入れ代行業者を通して直接顧客に出荷させることができます。

 

(2).一般的な在庫保有型ビジネスとの違い 

在庫保有型ビジネスでは、商品を仕入れて在庫を保有し、それを販売することで利益を得ます。

 

これに対して無在庫販売では、商品は販売者の手元には一切来ません。

販売者は、商品を販売するという業務と、顧客からの注文情報を仕入れ元に送るという業務のみを行います。

 

これにより、在庫を保管するためのスペースや、在庫リスク(商品の廃棄や割引販売など)を大幅に減らすことができます。

アリババ仕入れを利用すれば、多種多様な商品を選ぶことが可能となり、顧客に対して幅広い商品の選択肢を提示することができるようになります。

 

 

 

 

2.無在庫販売のメリットとデメリット

 

無在庫販売は、以下のようなメリットを享受することができます。

 

(1).メリット ①初期投資の軽減 

無在庫販売は、事業を立ち上げる際の初期投資を大幅に軽減します。

 

通常、在庫保有型ビジネスでは商品の購入や在庫の保管に必要なスペース、在庫管理システムなどに大きなコストが必要となります。

しかし、無在庫販売では、これらのコストが発生しません。

 

特にアリババ仕入れを利用すれば、商品を個別に購入する必要がなく、商品が売れた時点でのみ仕入れ代行業者を通じてサプライヤーに支払うことになります。

 

(2).メリット ②在庫管理の手間の省略 

自社で商品の在庫を管理する必要がありません。

 

商品の入庫、保管、出庫といった在庫管理にかかる時間と労力を省略することができます。

アリババを通じてサプライヤーと取引を行う場合、在庫管理はサプライヤーに委ねられ、販売者は商品の販売とマーケティングに集中することができます。

 

(3).メリット③幅広い商品の取り扱い可能性 

商品ラインナップの拡大にも有利です。

 

アリババ仕入れを活用することで、数百万に及ぶ製品から商品を選ぶことができるようになります。

販売者は、自社で在庫を保管するスペースを気にすることなく、多様な商品を自社のウェブサイトで取り扱うことが可能となります。

 

しかし、以下のようなデメリットもあります。

 

(4).デメリット ①配送管理の難しさ 

商品の配送はサプライヤーに委ねられるため、販売者は配送プロセスに直接的なコントロールを持てません。

 

これは、配送の遅延や問題が発生した場合に、顧客対応が難しくなる可能性があります。

後述する無在庫販売を支援サービスを活用し、商品の保管と配送を専門のパートナーに任せることで、効率的な配送管理ができるようになるでしょう。

 

(5).デメリット ②品質管理の課題 

商品の品質はサプライヤーに依存するため、品質の不一致や商品の誤送などの問題が発生する可能性があります。

 

これは、顧客満足度やリピート購入への影響をもたらすことが懸念されます。

サプライヤーとの厳格な品質管理契約を締結し、品質基準や検品プロセスを明確にし、品質に関する問題が発生した場合の対応策や保証を確認することで、品質管理の課題を軽減できます。

 

(6).デメリット③競争力の欠如   

無在庫販売を利用すると、他の多くの販売者と同じサプライヤーから商品を購入する可能性があります。

 

これにより、商品の差別化が難しくなり、競争が激化する可能性があります。

差別化された商品を取り扱ったり、顧客に選ばれるためにマーケティングとブランド戦略に注力したりすることで、競争力を高めることができます。

 

 

 

 

3.無在庫販売を支援するサービス

 

無在庫販売

 

(1).FBA (Fulfillment by Amazon) の活用 

FBA(Fulfillment by Amazon)はAmazonが提供する物流サービスで、オンライン販売者がAmazonの物流ネットワークを活用して商品の保管、梱包、出荷、顧客サービスなどを行うことができます。

 

無在庫販売で見出した売れ筋商品を有在庫販売に切り替える際によく利用されるサービスで、以下のような特徴や利点があります。

 

商品の保管と出荷

FBAを利用する場合、販売者は商品をAmazonのフルフィルメントセンターに送り、在庫の管理、商品のピッキング、梱包、出荷などをAmazonに任せることができます。

これにより、大量の在庫を自己管理する必要がなくなります。

 

顧客サービスと返品処理

FBAを利用すると、Amazonが顧客からの注文や返品処理を代行します。

これにより、販売者は顧客サービスの手間を省き、ビジネスの他の部分に集中することができます。

 

プライム対象商品

FBAを通じて販売される商品は、Amazon Primeの恩恵を受けることができます。

プライム会員向けの無料二日間配送などのサービスがあることで、販売機会の増加につながる可能性があるということです。

 

信頼性の向上

Amazonを通じて出荷される商品は、消費者にとって信頼性が高いと認識されやすいです。

これは、Amazonの世界的な知名度と信頼性が商品に反映されるためです。

 

ただし、FBAを利用するには一定の費用が必要で、商品の保管料や出荷費用などが発生します。

また、FBAを通じて販売する商品はAmazonの規約に従う必要があります。

そのため、FBAが自分のビジネスモデルに適しているかどうかを判断する際、これらの要素を考慮する必要があります。

 

(2).輸入代行業者の無在庫販売支援 

中国からの輸入の場合、輸入代行業者を活用することで様々な支援を受けることができます。

以下は輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行を利用した場合のメリットです。

 

煩雑な手続きの省力化

輸入には様々な手続きが必要です。

関税の計算、通関手続き、輸送手配など、専門的な知識が求められることが多いです。

さくら代行はこれらの手続きを代わりに行うため、時間と労力を省くことができます。

 

リスクの軽減

さくら代行は輸入に関する法律や規制、さらにはその地域の市場に関する知識を持っています。

したがって、法律違反や不適切な取引によるリスクを軽減することができます。

 

コスト削減

さくら代行は大量の取引を行っているため、個人で行う場合と比べ、運送費や関税などのコストを削減できます。

また、輸入手続きのために新たに人員を雇う必要がないため、人件費を節約することができます。

 

言語の問題を解消

さくら代行のスタッフは、中国語も日本語も話すことができます。

これは、言語の壁による誤解やコミュニケーションの問題を解消するのに役立ちます。

 

FBAに直送もできる

アリババ仕入れの商品をFBAへ直送するサービスもあります。

検品やオプションなどを利用すれば、商品の状態や梱包を販売者の希望通りに行うため、安心してFBAへ送ることができます。

 

これらの利点を活用することで、無在庫販売ビジネスの運営をより効率的かつスムーズにすることができるでしょう。

 

 

 

 

4.無在庫ネットショップの始め方 

 

 

(1).マーケット調査と商品選定 

最初にマーケット調査を行い、どの商品が需要があり、競争が激しくないかを調査します。

 

これには、Googleトレンド、ソーシャルメディア、業界レポートなどを利用するといいでしょう。

アリババは商品の選定において重要なリソースで、多種多様な商品が取り揃っており、商品の仕入れ価格や供給能力をリアルタイムで確認することができます。

 

(2).供給元とのパートナーシップ確立 

次に、信頼性のあるサプライヤーを見つけてパートナーシップを確立します。

 

アリババは多くのサプライヤーが集まるプラットフォームなので、多種多様な商品の供給元を探すことができます。

ただし、サプライヤー選定には慎重さが求められます。

信頼できる取引履歴があるか、品質保証は十分か、出荷スピードは早いかなど、詳細な調査を行います。

 

一から情報を集めるのが難しい場合は、輸入代行業者に頼る方法もあります。

輸入代行業者は普段からさまざまなサプライヤーと取引をしており、膨大な情報を持っています。

その経験から信頼できるサプライヤーを紹介してもらうこともできるでしょう。

 

(3).オンラインショップの出店 

商品と供給元が決まったら、次はオンラインショップの出店です。

 

オンラインショップを出店できるプラットフォームは数多くあります。

Amazonや楽天市場、Yahooショッピングの他にも、ShopifyやWooCommerceなどのEコマースプラットフォームを利用できます。

コーディングの知識がなくても比較的容易にオンラインショップを作成できます。

重要なのは、使いやすさ、見た目の魅力、セキュリティ、そしてSEO対策などを考慮に入れたウェブサイト設計です。

 

(4).マーケティングとセールス戦略   

オンラインショップが出店できたら、次に考えるべきはマーケティングとセールス戦略です。

 

どのようにしてターゲット顧客に商品を知ってもらい、購入につなげるかを計画します。

ソーシャルメディアマーケティング、コンテンツマーケティング、SEO、メールマーケティング、パートナーシップなど効果的な戦略は多岐にわたります。

 

全体として、無在庫ネットショップの始めるには時間と労力が必要ですが、適切に計画し、実行することで、有意義なビジネスを構築することができます。

 

 

 

 

5.無在庫販売の成功例

 

 

(1).成功例①特定のニッチ市場にフォーカス

ある企業は、特定のニッチな市場(例えば、特定の趣味やライフスタイルに関連する製品)に焦点を絞り、その市場に最適化した商品をアリババから仕入れ、無在庫販売を行って大きな成功を収めました。

この企業はターゲットとする消費者の興味やニーズを深く理解し、そのニーズに合わせた製品を選定して販売することで、競合他社と差別化を図りました。

 

学べるポイント

マーケットのニーズを深く理解し、そのニーズに適した製品を提供することが重要です。

また、ニッチな市場を選ぶことで競争を回避し、より高いマージンを追求することが可能です。

 

(2).成功例②高品質なサプライヤーの選定 

別の企業は、アリババで高品質なサプライヤーを見つけ、品質の高い商品を無在庫で販売することで成功しました。

この企業は商品の品質に重きを置いたことで、消費者の信頼を得て、売り上げを伸ばしていきました。

 

学べるポイント

サプライヤーの選定は非常に重要で、商品の品質は直接企業の評価とブランドイメージに影響します。

したがって、信頼性の高いサプライヤーを選ぶことが、長期的な成功にとって重要です。

 

以上の例から、無在庫販売の成功には市場の理解、適切な商品選定、質の高いサプライヤーとのパートナーシップなどが必要であると言えます。

これらは、アリババを活用した無在庫販売において特に重要な要素となります。

 

 

 

 

6.まとめ

 

無在庫販売

 

いかがでしたか?

本記事では、無在庫販売について詳細に解説しました。

 

無在庫販売は、多くのメリットを提供する一方で課題も存在します。

しかし、適切な戦略とサポートサービスを用いてこれらの課題を克服することで、無在庫販売は非常に効果的なビジネスモデルとなり得ます。

各自のビジネスゴールとリソースに合わせて、無在庫販売が適した戦略であるか検討してみてください。

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

この記事は中国輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行が執筆しています。

中国仕入れのさくら代行:https://www.sakuradk2.com

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、販売者の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

 

 

 

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる