中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > ヘルプセンター > 素材はアリババ仕入れで調達⁈ハンドメイド商品のオンライン販売における戦略とノウハウを全解説

素材はアリババ仕入れで調達⁈ハンドメイド商品のオンライン販売における戦略とノウハウを全解説

自身の才能やスキル、創造性を表現する方法として、ハンドメイド商品の作成を考えたことはありますか?

 

もしその作品が他人に喜ばれ、さらには収益を生み出す源となるなら、どれほど素晴らしいことでしょう。

ハンドメイド商品のオンライン販売は、その可能性を秘めています。

 

本記事では、ハンドメイド商品のオンライン販売について詳しく解説します。ぜひ最後までご覧ください。

 

ハンドメイド

 

 

目 次

 

 

 

 

 

1.ハンドメイド商品のオンライン販売の可能性  

ハンドメイド商品のオンライン販売は近年、急速に成長を遂げています。

 

これはインターネットの普及と共に、一般消費者が特別感や個性、オリジナリティを求める傾向が強まっているからです。

ハンドメイド商品は大量生産品とは一線を画し、その個々の商品には作り手のセンスや独自性が息づいています。

これが消費者からの高い評価を得て、市場が拡大している一因となっています。

 

また、オンライン販売のメリットとして、地域を問わず全国、あるいは全世界の消費者に自分の商品を広められる点が挙げられます。

物理店舗が必要ないため初期費用を抑えることができ、24時間365日営業可能なのも大きな魅力です。

さらに、SNSやブログなどのデジタルマーケティングを活用すれば、比較的低予算で高い効果を得ることができます。

 

 

 

2.ハンドメイド市場の現状とトレンド   

 

ハンドメイド市場はその特性上、時代と共にトレンドが変化します。

 

消費者のニーズに応じた商品展開や新しい技法、素材の活用など、日々進化しています。

2023年現在のハンドメイド市場では、サステナビリティ(持続可能性)やエシカル(倫理的な)な商品への関心が高まっています。

エコフレンドリーな素材の利用、地元産の素材を活用したローカルプロダクト、フェアトレードを掲げた商品など、消費者は単に商品自体だけでなく、その背後にある価値観にも注目しています。

 

特に注目すべきトレンドの一つが、グローバルなサプライチェーンの活用です。

「アリババ仕入れ」という言葉が示すように、多くのハンドメイドクリエイターが素材や部品の調達に、中国の巨大ECサイトAlibabaを利用しています。

Alibabaでは、質の高い素材や部品を大量に、かつ低価格で仕入れることが可能で、これによりクリエイターはコストを抑えつつ、独自性の高い商品を生産することができます。

 

 

また、デジタル化の波がハンドメイド市場にも押し寄せ、3Dプリンターを使用した商品や、VR・ARを活用した新たな体験型ハンドメイド商品も見受けられます。

これらはテクノロジーの進歩と共にさらなる発展が期待されています。

 

今後もハンドメイド市場は消費者のライフスタイルや価値観の変化、テクノロジーの進化に合わせて多様化することが予想されます。

そのため、成功するためには市場の動向を見極め、時代のニーズに対応した商品開発やブランディングが求められます。

 

 

 

3.ハンドメイド商品をオンラインで販売するための基本的なステップ   

 

ハンドメイド商品をオンラインで販売するためには、自分の「作風」を明確に表現し、それを貫き通すことが重要です。

 

以下に、販売の基本的なステップを説明します。

 

(1).商品の企画とデザイン   

まず最初に、どのような商品を作りたいのか、そのアイデアを具体化しましょう。

この時点で自分の作風を明確にして、それを基にした商品を企画しましょう。

 

例えば、自然をテーマにした作風であれば、そのテーマを反映したデザインや素材選びを行います。

そして、具体的な設計図を作り、どのような素材をどれくらい必要とするか、製作工程は何になるかなどを明確にします。

 

(2).商品の製作と品質管理  

次に、企画したデザインに基づいて商品を作ります。

 

素材を購入し、デザイン通りに作り上げましょう。

作風に合った素材を使ったり、一貫した製作技法を用いたりします。

 

そして、商品の品質管理も忘れてはいけません。

手作りならではの温かみとはいえ、売り物としてのクオリティは保たなければなりません。

 

仕上がった商品は念入りにチェックし、不具合があれば修正するようにしましょう。

一定の品質を保つことで消費者からの信頼を得られます。

 

(3).商品の撮影と説明書の作成    

商品が完成したら、写真撮影と説明書の作成に移ります。

 

商品がどのような雰囲気や価値観を持つのかを、写真によって伝えることが求められます。

明るい自然光の下で、商品の魅力を最大限に引き立てるような写真を撮りましょう。

 

また、商品説明では、商品のサイズ・素材・製作方法・使い方などを具体的に記載し、購入者が商品を理解しやすいようにしましょう。

さらに、その商品が持つ独自の世界観やこだわり、それがどのように作風とリンクしているのかを伝えられたら、なお良いでしょう。

 

以上のステップを経て、ハンドメイド商品のオンライン販売が始まります。

自分だけの特別な作風や品質を追求しつつ、魅力的に見えるようにすることで、消費者の心を掴むことができるよう工夫することが重要です。

 

 

 

4.オンラインでハンドメイド商品を販売するためのおすすめのプラットフォーム

 

ハンドメイド

 

オンラインでハンドメイド商品を販売するためには、適切なプラットフォームを選ぶことが大切です。

 

プラットフォーム選びは、商品がどれだけ多くの人々に届くか、また商品の特徴や価値をどれだけ上手く伝えられるかに直結します。

 

(1).Etsy(エッツィー)

Etsyは、ハンドメイド商品、ビンテージ商品、クラフト用品などを販売するためのオンラインマーケットプレイスとして、世界的に広く認知されています。

 

その主な特徴は以下の通りです。

 

・グローバルなアクセス

世界中から利用者が集まるため、製品を国際的な市場に展開することが可能です。

これにより、ハンドメイド商品を全世界の消費者に届けることができます。

 

・特化した商品カテゴリー

Etsyはハンドメイド商品やビンテージ商品、クラフト用品に特化したプラットフォームであり、独自性と創造性を重視する消費者が集まります。

これにより、特定のニッチな市場に対して商品を効果的に販売することができます。

 

・ユーザーフレンドリーなインターフェース

使いやすいインターフェースで、商品のアップロードや価格設定、在庫管理などが簡単に行えます。

 

・SEOとマーケティングツール

Etsy内のSEO対策ツールや統計データ分析ツールを活用することで、商品が検索で見つけられやすくなるように最適化することができます。

これらのツールを活用することで、より多くの人々に自分の商品を見てもらう機会を増やせます。

 

・コミュニティ

Etsyはただの販売プラットフォーム以上のもので、作家やクラフト愛好家たちが交流や情報共有を行うコミュニティとしても機能しています。

これにより、他の作家から学んだり、自分の作品を広めたりすることができます。

 

(2).Creema(クリーマ)

Creemaは、日本発のハンドメイド商品専門のオンラインマーケットプレイスで、特に日本国内の作家と消費者を対象にしています。

その特徴は以下の通りです。

 

 

・国内中心の利用者層

Creemaは日本国内を中心に利用されており、日本の消費者に向けて直接販売できます。

また、日本の消費者の好みやトレンドに合わせた商品展開が可能です。

 

・多様な商品カテゴリー

Creemaでは一点ものから量産型のハンドメイド商品まで、幅広い種類の商品が取り扱われています。

アクセサリーや服飾品、家具、アート作品など、多種多様な商品を販売することができます。

 

・スマートフォン対応

Creemaはスマートフォンにも対応しており、専用アプリを通じていつでもどこでも手軽に商品の管理や販売活動を行うことができます。

 

・コミュニティ機能

Creemaでは作家同士の交流を促進するコミュニティ機能も提供しています。

他の作家との情報共有やネットワーキングができます。

 

・日本語対応

Creemaは日本発のプラットフォームであるため、全てのインターフェースが日本語表記です。

これにより、日本人作家にとって使いやすい環境が整っています。

 

(3).minne(ミンネ)

Minneは、日本で非常に人気のあるハンドメイド商品専門のオンラインマーケットプレイスです。

個人の作家やクリエイターを対象にしてます。特徴は以下の通りです。

 

・国内重視の利用者層

minneは主に日本のハンドメイド作家と消費者を対象にしています。

日本の消費者の嗜好に合わせた商品展開や、国内市場に特化した販売戦略を練ることができます。

 

・直感的なインターフェース

ウェブサイトやアプリは操作が簡単で使いやすく設計されており、商品のアップロード、価格設定、在庫管理などが容易に行えます。

 

・スマートフォン対応

minneもスマートフォンアプリがあり、外出先でも商品の管理や販売活動ができます。

また、消費者もスマートフォンから簡単に商品を閲覧・購入することができます。

 

・広範な商品カテゴリー

ジュエリーやアクセサリー、ファッションアイテム、家具、アート作品、文具など、多岐にわたるカテゴリのハンドメイド商品を取り扱っています。

これにより、様々な種類の作品を展開できます。

 

・フェアや実店舗との連携

オンライン販売だけでなく、定期的に開催されるリアルなマーケットやフェアに参加することも可能です。

また、一部の地域ではminneの商品を取り扱う実店舗も存在し、オンラインとオフラインの両方で販売活動を行うことができます。

 

(4).BASE(ベイス)

BASEは、日本発のオンラインストア作成プラットフォームで、個人から企業まで幅広く利用されています。

特にハンドメイド商品を含む様々なジャンルの商品を扱うことができ、その特徴は以下の通りです。

 

・自由度の高いカスタマイズ

自分だけのオンラインストアを設立することができます。

デザインやレイアウトを自由にカスタマイズし、自分のブランドイメージに合わせたオリジナルのストアを作ることができます。

 

・手軽さと利便性

ストア作成は無料で、特別な知識や技術を必要とせず、誰でも簡単に自分のオンラインストアを開設できます。

また、商品のアップロードや価格設定、在庫管理も簡単に行うことができます。

 

・スマートフォン対応

BASEもスマートフォンアプリがあり、商品の管理や販売活動をいつでもどこでも行えます。

 

・決済手段の多様性

クレジットカード決済はもちろんのこと、コンビニ決済、キャリア決済、銀行振込など、多様な決済手段に対応しています。

これにより、消費者は自分に合った方法で商品を購入できます。

 

・マーケティングツールの提供

販売促進のための様々なツールもあります。

SEO対策ツールやアクセス解析、クーポン作成などの機能を活用して、より効果的な販売戦略を練ることができます。

 

(5).Mercari(メルカリ)

mercariは、日本発のフリーマーケット型のオンラインマーケットプレイスで、ハンドメイド商品から中古品まで幅広い商品を取り扱っています。

その特徴は以下の通りです。

 

・利用者数の多さ

日本国内だけでなく、アメリカなど海外にも展開しており、多くのユーザーが日々取引を行っています。

そのため、多くの人々に商品を見てもらえます。

 

・多様な商品カテゴリー

新品だけでなく、中古品の取引も可能で、ハンドメイド商品から家電、洋服、本など幅広いジャンルの商品を販売できます。

 

・スマートフォン対応

スマートフォンアプリを中心に設計されており、商品の出品、購入、メッセージのやり取りなどを手軽に行うことができます。

 

・シンプルな手数料設定

販売価格の10%を手数料として取るシンプルな料金設定により、売上計算が容易であり、ビジネス計画を立てやすいです。

 

・安全性への配慮

商品が購入者に無事届いたことが確認されるまで、支払いを一時的に保留するシステムを採用しています。

これにより、売り手と買い手双方の安全を保障しています。

 

(6).Rakuma(ラクマ)

Rakumaは、楽天グループが運営するフリーマーケット型のオンラインマーケットプレイスで、ハンドメイド商品からブランド品、中古品まで幅広く取り扱っています。

その特徴は以下の通りです。

 

・楽天のユーザーベース

Rakumaは楽天グループが運営しているため、楽天の広大なユーザーベースを利用することができます。

これにより、商品の露出度が向上し、より多くの人々に自分の商品を見てもらうことが可能になります。

 

・多様な商品カテゴリー

新品だけでなく、中古品の取引も可能で、ハンドメイド商品からファッション、家電、本など幅広いジャンルの商品を販売できます。

 

・楽天ポイントの利用

商品の売買には楽天ポイントが利用でき、これは楽天の他のサービス(楽天市場や楽天カードなど)でも使うことができます。

これにより、ユーザーはより一層の購買意欲を引き立てることができます。

 

・手数料無料

Rakumaは出品手数料や成約手数料が無料で、販売価格の全額が売り手に戻ってくるシステムが特徴です。

 

・安全性の確保

売買の安全を確保するためのシステムを設けています。

例えば、商品が購入者に無事届くまでは支払いを保留するシステムなどがあります。

 

 

 

5.各プラットフォームの比較と自分に合ったサイトの選び方   

 

ハンドメイド商品のオンライン販売を始める際、自分に合ったプラットフォームを選ぶことは大変重要です。

 

以下に、各プラットフォームの比較と選び方、ポイントを紹介します。

 

(1).各プラットフォームの比較と選び方  

①Etsy(エッツィー)

    特徴:国際的なハンドメイド専門のマーケットプレイス

 

適している人:自分の作品を世界に向けて販売したい人

考慮すべき点:英語対応が必要。国際配送を考慮に入れるべき

 

 

②Creema(クリーマ)

    特徴:日本最大のハンドメイド専門のマーケットプレイス

 

適している人:日本国内を中心に販売したい人

考慮すべき点:他の作家との競争が激しい。作品の質とオリジナリティが求められる

 

 

③minne(ミンネ)

    特徴:初心者でも簡単に利用できるハンドメイド専門のマーケットプレイス

 

適している人:初めてオンライン販売を始める人

考慮すべき点:利用者数はCreemaよりも少ない

 

 

④BASE(ベイス)

    特徴:自分のオンラインストアを簡単に作れるプラットフォーム

 

適している人:自分のブランドを立ち上げたい人

考慮すべき点:自分で集客する必要がある

 

 

⑤Mercari(メルカリ)

    特徴:フリーマーケットアプリで、新品・中古品問わず取引可能

 

適している人:様々な商品を幅広く売りたい人

考慮すべき点:ハンドメイド専門のマーケットではないため、作品が埋もれやすい

 

 

⑥Rakuma(ラクマ)

    特徴:楽天のフリーマーケットで、楽天ポイントが利用可能

 

適している人:楽天ユーザーに向けて販売したい人

考慮すべき点:ハンドメイド専門のマーケットではないため、作品が埋もれやすい

 

 

(2).プラットフォームを選ぶ際のポイント

以下の項目を総合的に考慮し、自分のビジネスニーズに最も適したプラットフォームを選びましょう。

 

・ターゲットオーディエンス

自分の作品を誰に見てもらいたいか、どのような顧客を想定しているかを考えます。

国内向けか、国際的な販売を目指すかによっても選択肢が変わります。

 

・商品の種類と量

自分が販売する商品の種類や量によっても、最適なプラットフォームは変わります。

たくさんの商品を一度に出品したい場合や、様々な種類の商品を扱いたい場合は、フリーマーケットタイプのプラットフォームが適しているかもしれません。

 

・販売体験と技術力

オンラインでの販売経験や、ウェブサイトやアプリの操作に自信があるかどうかも考慮に入れます。

初めての方や、手軽に始めたい方はユーザーフレンドリーなプラットフォームを選びましょう。

 

・コスト

それぞれのプラットフォームは出品料、手数料、月額料金などを設定しています。

自分のビジネスモデルや財務計画に合わせて、最もコストパフォーマンスの良いプラットフォームを選びましょう。

 

 

 

6.オンライン販売で成功するためのマーケティングとプロモーション戦略   

 

ただ商品を出品するだけではなく、マーケティングやプロモーション戦略を練ることが重要となります。

以下にいくつかの戦略を紹介します。

 

(1).SEO最適化     

SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジンの結果ページで上位に表示されるようにウェブサイトを最適化する手法です。

 

これにより、潜在的な顧客に自分のオンラインストアや商品を見つけてもらいやすくします。

具体的には、商品説明やタイトル、メタデータに関連キーワードを適切に組み入れることで検索エンジンに認識されやすくなります。

特にEtsy(エッツィー)などのマーケットプレイスでは、そのプラットフォーム内でのSEO最適化が重要です。

 

(2).SNSマーケティング   

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、Instagram、Facebook、Twitterなど、ユーザーが情報を共有し、コミュニケーションを取るプラットフォームを指します。

 

これらのプラットフォームを活用して商品をプロモートすることで、より多くの人々に自分の商品を見てもらうことができます。

商品の画像や動画を投稿したり、制作過程や生活風景などをシェアすることで、フォロワーとの関係を深め、ブランドのファンを作ることができます。

 

(3).メールマーケティング    

メールマーケティングは、直接顧客にメールを送ることで商品やサービスをプロモートする手法です。

 

購入者やウェブサイトの訪問者からメールアドレスを収集し、新商品の情報やセール情報、個別のクーポンコードなどを定期的に送ります。

これにより、顧客のリピート購入を促すとともに、長期的な顧客関係を構築することができます。

 

これらの戦略は、一人の消費者が見つけて商品を購入するまでの「購買旅行」全体をカバーしています。

検索エンジンで商品を見つける(SEO最適化)、SNSでブランドを知る(SNSマーケティング)、メールで定期的に情報を得る(メールマーケティング)という流れです。

 

これらの戦略を組み合わせて、全体的なマーケティングとプロモーション戦略を構築してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

7.ハンドメイド販売のリスクと問題解決策 

 

ハンドメイド商品のオンライン販売には少なからずリスクがあります。

リスクと、それに対する問題解決策は以下の通りです。

 

①在庫管理の困難さ:ハンドメイド商品は一点ものが多く、在庫管理が難しいです。

 解決策:事前に生産計画を立て、在庫量をコントロールします。

 

②著作権問題:自作品の模倣や他人の著作権侵害が起こりうる。

 解決策:自作品の著作権登録や、他作品参照時の法的知識が必要です。

 

③顧客トラブル:クレーム対応や返品、交換の要求がある場合もあります。

 解決策:商品説明の詳細化や明確な返品ポリシー設定、丁寧な対応が求められます。

 

④配送トラブル:配送途中の商品破損や紛失が起こりうる。

 解決策:適切な梱包、配送サービスの保険利用、追跡可能な配送方法選択が重要です。

 

 

 

8.まとめ 

 

ハンドメイド

 

いかがでしたか?

ハンドメイド商品のオンライン販売は、作り手自身の個性と創造性が評価される、非常に魅力的なビジネスです。

 

商品企画から製作、撮影、マーケティング、そして販売まで、すべてがあなた自身の手によるもの。

それはあなた自身の世界観を形にし、それを他人と共有し、その価値を認められるという、大きな喜びとなるでしょう。

 

物作りが好きで、自分の作品を世に送り出したいと考えているなら、ぜひチャレンジしてみてください。

この記事があなたのハンドメイドビジネスの一助となることを心から願っています。

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

この記事は中国輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行が執筆しています。

中国仕入れのさくら代行:https://www.sakuradk2.com

 

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

 

 

 

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる