中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=22.54円
トップページ > ヘルプセンター > 送料コストを削減できる!国際送料の仕組みと荷物圧縮のメリット

送料コストを削減できる!国際送料の仕組みと荷物圧縮のメリット

中国輸入において、国際送料のコストはできるだけ抑えたいポイントですよね。

 

国際送料の計算方法や見積もりツールについて知っておくと大幅なコスト削減を実現できることも!

 

今回はそんな国際送料についての計算方法と、有力な手段の一つである「荷物の圧縮」がどのようにコスト削減につながるかをご紹介します。

 

 

荷物圧縮

 

 

目 次

 

 

 

 

 

1.国際送料はどうやって決まる?

 

国際郵便や宅配便などで荷物を中国から日本に送る際の送料は、各物流会社の規定によります。

基本的には重量と体積の二つの要素が、送料の決定に大きく影響します。

 

 

(1).重量で計算する方法

 

重量に基づく送料の計算は最も一般的な方法です。

 

パケットや小包といった形で荷物を送る場合、重さによって送料が決まります。

一部の物流会社では重量ごとに一定の料金が設定されており、荷物が重くなるほど送料も増加します。

特に重量が多い荷物を送る場合、重量制の料金が適用されることが一般的です。

 

重量による計算方法を例を挙げて説明します。

たとえば、ある運送会社が1kgあたり500円というレートを設定しているとしましょう。

この場合、もし3kgの荷物を送るとなると、送料は1kgあたりのレートに荷物の重量を掛けたもの、つまり500×3kg1500円となります。

 

 

(2).体積で計算する方法

 

一方、体積制の送料は特に大きな荷物を送る際に重要な要素となります。

 

一部の物流会社では、特に大きな荷物に対しては「体積重量」というものを計算します。

これは荷物の実際の重量ではなく、その大きさを反映した仮想的な重量です。

大きな家具やぬいぐるみなど、体積が大きいが比較的重量が軽いアイテムを送る際には、この体積重量が適用されることがあります。

 

体積による計算方法を例を挙げて説明します。

 

体積重量は通常、長さ(cm)×(cm)×高さ(cm)÷5000の公式で算出されます(この数値は運送会社により異なる場合があります)。

 

たとえば、50cm×30cm×20cmの大きさの荷物を送る場合、体積重量は50cm×30cm×20cm÷50006kgとなります。

そして、この体積重量と実際の重量(物理的な重量)を比較し、大きい方を基準に送料が計算されます。

つまり、実際の重量が3kgであっても、体積重量が6kgとなる場合、送料は6kgを基準に計算されます。

 

 

(3).便利な「国際送料見積ツール」

 

自分の荷物は一体どちらで計算されるのか、判断が難しいと感じる方は多いです。

 

そこで役に立つのが、さくら代行の「国際送料見積ツール」https://www.sakuradk2.com/freight です!

 

 

荷物圧縮

 

 

重量による見積もりの場合は「重さ」を入力するだけで、

体積による見積もりは「実重量」「長さ」「幅」「高さ」を入力するだけで、

簡単に国際送料が見積れる便利なツールです。

 

面倒な計算も自動計算し、絞り込みや並べ替え機能を使えばさらに正確な見積もりをすることができます。

 

そのうえ、さくら代行と物流会社による提携により、通常料金よりも格安で利用することができます。

このツールは無料でつかえるので、活用しないわけにはいかないですね!

 

動画でも詳しく紹介しています。https://www.youtube.com/watch?v=CXjBUPfSsjU

 

 

 

 

 

2.荷物を圧縮した場合どうなる?

 

 

(1).体積が減らせる

 

荷物を圧縮する最大の利点は、その体積が減ることです。

 

衣類や布類など、柔らかい素材で構成されていて、圧縮によって形状が大きく変わらない物は特にその効果が見られます。

荷物の体積を減らすと、送料の算出に影響を与える体積重量が減少し、それに伴い送料も安くなるのです。

 

 

(2).まとめて送れる

 

荷物が圧縮されると、一度に送れる量が増えます。

 

たとえば、複数の小包を別々に送るのではなく、一つの大きな箱にまとめて送ることで、送料の総額を削減できます。

これは、各小包にかかる基本料金を節約できるからです。

 

 

(3).送料コスト削減につながる

 

体積が減ると体積重量が下がり、一度に多くの荷物を送ることができれば基本料金が削減されます。

これにより、荷物の圧縮は送料の節約策としてとても有効です。

 

 

 

 

 

3.荷物を圧縮する際の注意点

 

荷物を圧縮する際には、商品が破損しないようにしなければなりません。

 

圧縮によって形状が大きく変わる可能性がある、または壊れやすい商品には特別な注意が必要です。

例えば、真空パックは衣類などを圧縮するのに非常に有効ですが、硬い物品や電子製品を圧縮するのには向いていません。

 

 

 

 

 

4.さくら代行の圧縮オプションサービス

 

さくら代行では、事業者様のお荷物を圧縮包装するオプションサービスもご用意しております。

 

圧縮包装をご検討されている方は、お気軽にさくら代行までお気軽にご相談ください!

 

荷物圧縮

 

 

 

 

5.まとめ

 

いかがでしたか?

 

送料コストの削減には、体積を縮小し、一度にまとめて送ることが必要です。

これらのポイントを活用し、無駄な出費を避け、賢明な配送手段を選びましょう。

 

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

この記事は中国輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行が執筆しています。

中国仕入れのさくら代行:https://www.sakuradk2.com

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

 

 

 

連絡先

050-8882-6299

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口
閉じる